FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

今年はマイコプラズマ肺炎、大流行の兆し!
朝日新聞に載っていました、今年は咳が
長引くマイコプラズマ肺炎が、子供に多く
流行の気配だそうです

乾いた咳と発熱が特徴、解熱後も数週間
咳が続くらしい

3〜8年周期で流行を繰り返し、日本では
1984、1988年に大流行して「オリンピック
肺炎」と呼ばれたそうです

1990〜2000年代は流行らなかった、それは
マイクロライド系の薬が効いた、と感染研の
室長は言う

2011年、2012年は大流行、リオ五輪の今年
4年周期で大流行の年になりそうです

原因の一つが耐性菌、別の抗菌薬も使える
そうですが、子供には副作用があるという

マイコプラズマ肺炎って大人も掛かりますね
子供の場合と、どんな違いがあるのですか?

妊娠中にマイコプラズマ肺炎に掛かると大変
何を気を付ければいいでしょうか?

病原体が人の体に侵入すると、健康な人の
免疫機構が反応、アレルギー反応が起こる

マイコプラズマ病原体が人の体に侵入すると
気道粘膜に付着した後、病原体が毒素を
出し、炎症を起こす物質を作り出すようです

若く健康な人も、この病気にかかると肺炎が
重症化してしまうことがあるという

1歳になるまでに約4割の子供が抗体を持って
いるということです

5歳になると約6〜7割、成人になると9割以上
マイコプラズマ抗体を持っているという

感染した人すべてが、マイコプラズマ肺炎を
発症するというわけではないようです

ある統計によると感染した人のうちの約5%
だけ、肺炎を発病すると言う

そして前に感染して免疫ができても、数年後
再び、感染するとも言われている

潜伏期間と、病原体の排出期間が長いとか
10週間以上にわたり、病原体を体外に排出
することがあると言う

知らない間に咳やくしゃみなどで人から人に
感染する

潜伏期間は2〜3週間ですが、発症する1週間
前、感染者はマイコプラズマ病原体を、排出
するそうです

家族間の感染が多く、手洗い、うがい、マスク
忘れずに!混んだ映画館では、必ずマスク
これを忘れてはいけませんよ
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2363-94dbeef2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)