もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

中国と日本の精進料理
日本の精進料理は、仏教の戒律に基づき
殺生や煩悩への刺激を避け調理される

野菜・豆類など植物性の食材を調理して
食べること

大乗仏教の(中国、朝鮮、日本、ベトナム)
肉食そのものが禁止、菜食

上座部(小乗)仏教圏のタイ、ミャンマー
カンボジア、ラオスなどでは・・・

僧侶が、三種の浄肉を口にすることが
認められているらしい

仏教は本来、修行して悟りを得ることを
目的とした宗教です

本来の教えに忠実に修行、というのが
上座部仏教(小乗仏教)

修行者が仏教の精神を広く説き人々が
修行せずとも仏教を信仰する

それは可能、と説くのが、大乗仏教
日本・中国・韓国などで広まりました

日本では、平安時代の最澄や空海さん
鎌倉時代の法然、親鸞、僧侶が説いて
回った

宗派は沢山できて、真言宗、天台宗
浄土宗、浄土真宗、日蓮宗、臨済宗
曹洞宗といろいろあります

十三宗もあるそうです、詳しくは
分かりませんが、お題目をあげれば
救われる、そんな感じでしょうか?

真言宗・南無大師遍照金剛(なむ
だいしへんじょうこんごう)

南無大師遍照金剛とは、弘法大師
空海に帰依するという意味です

「私は大師遍照金剛を信じ、敬い
その功徳におすがりいたします」

日蓮宗も天台宗も南無妙法蓮華経
(なむみょうほうれんげきょう)

浄土宗は南無阿弥陀仏(なむあみ
だぶつ)開祖・法然

臨済宗も曹洞宗は禅宗系です
「南無三世諸仏」(なむさんぜしょぶつ)
南無釋迦牟尼仏(なむしゃかにぶつ)

臨済宗開祖・栄西、曹洞宗開祖・道元
僧侶たちの食事は、すべて精進料理?

永平寺は精進料理で、料理の基本は
三徳

充分な食材や道具がなくても三徳を
満たすことを念頭において工夫する

「軽軟(きょうなん)」見た目は軽く味は
やさしい

「浄潔(じょうけつ)」清潔でさっぱりして
いる

「如法作(にょほうさ)」正しい作法により
作られる

「五味五法五色」5つの味で、辛、酸
甘、苦、塩

上手に組み合わせ、素材の持ち味を
最大限に引き出す調理

日本の禅寺の精進料理は質素です
でも、中国台湾の素食は、見た目や
味はほとんど変わらない「豪華料理」

食べていないので、分かりませんが
本物そっくりの、もどき料理だとか

植物性原料を使い、動物性の料理に
似せたものを作る

例えば湯葉を加工して、中国ハムを
作り、こんにゃくでイカ、エビを型取る

きのこ類を使い、アワビのスープや
炒め物に似せるものもある

考え方が違うと、見た目も変わります
どっちの精進料理がお好きですか?

402_DSCN1605-400x300.jpg

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2352-2de22e20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)