もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

映画「奇蹟がくれた数式」
映画「奇蹟がくれた数式」
(原題:The Man Who Knew Infinity)

2015年にイギリスで製作、文化村
「ル・シネマ」で上映、108分の上映
時間は丁度いいです

「アインシュタインと並ぶ無限の天才」
と称されたインドの数学者ラマヌジャン

彼を見出したイギリス人数学者・ハーディ
実話を映画化した伝記ドラマです

監督はマシュー・ブラウン、主演は
デーヴ・パテール(ラマヌジァン)

ロバート・カニーゲルが1991年に出版
若くして亡くなった「無限の天才 夭折の
数学者・ラマヌジャン」が原作

1914年、イギリス、ケンブリッジ大学の
数学者ハーディ教授のもとに、インドから
1通の手紙が届く

そこには、教授を驚愕させる「発見」が
記されていた

ハーディ教授は早速、手紙の差出人の
インドの事務員ラマヌジャンを大学に
招聘する

数学者として正式な訓練を受けていない
彼の証明には、数多くの不備があった

他の教授たちは、身分が低く学歴もない
ラマヌジャンを拒絶する

そのためラマヌジャンは学会から黙殺
されそうになった

ケンブリッジ大学の教授をジェレミー・
アイアンズが演じましたが、いい味が
出てました、素晴らしい!

同じ頃、哲学者で数学者のバートランド
・ラッセルも教鞭をとっていたのですね
ラッセルの名言は大好きです

ラマヌジャンとハーディの深い関係に
感動、感涙、素晴らしい、最高の映画

面白くないと、最後まで見ず、音楽を
聞かずにさっさと出てしまいますが・

ラマヌジャンとハーディの深い関係に
心打たれ、すぐには立てませんでした

こういう映画にはなかなか出会わない
です、お勧めです
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2349-187d161a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)