もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

徳川御三家と徳川御三卿
徳川御三家(とくがわごさんけ)とは・・・
江戸時代において、徳川氏のうち
徳川将軍家に次ぐ地位を持っていた

「後々、徳川の血が絶えたら困るから」
と、家康が御三家を作った

始祖、家系、藩、石高、藩、入府では
徳川義直(家康九男)、尾張徳川家
尾張藩62万石 名古屋城 元和2年
(1616年)
  
徳川頼宣(家康十男) 紀州徳川家
紀州藩56万石 和歌山城 元和5年
(1619年)

徳川頼房(家康十一男) 水戸徳川家
水戸藩35万石 水戸城 元和5年
(1619年)

尾張藩は、江戸から上方に向かう
東海道と東山道が通る地に配置

紀州藩は、上方と江戸との間を
太平洋経由で行き交う船等が通過
する、紀淡海峡に面する地に位置

水戸藩は、江戸から陸奥国方面に
向かう東海道の途上に位置する

「御三卿」(ごさんきょう)とは、徳川
本家(宗家)から見た分家のような
もの

第8代将軍徳川吉宗が次男・宗武、
四男・宗尹を取り立てて別家を立て
させた

吉宗も「御三家だけじゃ心もとない、
段々血が離れて行く問題もある

自分の子供たちにも分家させておこう」
そう思ったのでしょう

吉宗の長男で第9代将軍となった家重
彼の次男・重好を別家として取り立てて
三家の体制が確立

徳川氏の一族から分立した大名家の
田安、一橋、清水の三家を指します

それぞれの屋敷の場所が江戸城内の
最も近い城門の名前で、わかりやすい
ですね

田安徳川家(田安家)の始祖は、宗武
(第8代将軍徳川吉宗の次男)

一橋徳川家(一橋家)の始祖は宗尹
(むねただ・徳川吉宗の四男)

清水徳川家(清水家)の始祖は、重好
(しげよし・第9代将軍徳川家重の次男)

将軍家に後嗣がない時、将軍の後継者を
提供する役割を担い、また徳川御三家へ
後継者を供給することにもなった

よくよく考え、日本を制圧したのが分かる
一橋慶喜(15代将軍)も御三家から来た
のですから

逆に田安家から御三家の紀州へ養子に
出た人の子供が宗家に戻ってきたという
例もある、14代の家茂です

どこも元を辿れば吉宗、更に遡れば・・・
家康に行き着く

「大丈夫、血は絶えない」ということだった
のでしょう

しかし、江戸城中では政治の担い手である
老中、大老よりも上位の席次のため幕府の
政治に黒幕として関与することが可能

地位に執着、その結果将軍の跡目争いの
絡む政争が激化、次第に幕府財政を圧迫
する、ことになったようです

いろいろあったでしょうが日本中を徳川の
血で固めようとしたわけです

将軍の側室はすごい数です、何代も続き
各地に子供たちを養子に出せば・・

多分、日本人なら誰でも、徳川の血は
混ざっているのではと、思うくらいですよ
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2348-39450485
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)