もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

「日本が世界の盟主になる」とした予言
「アインシュタインの予言」としてネットに出て
いるこの言葉、いい加減じゃない?

「近代、日本の発達ほど世界を驚かせたものは
ない、この驚異的な発展には、他の国と異なる
何者かがなくてはならない

日本の3000年の歴史、長い歴史を通して一糸の
天皇を抱いている日本

私はこのような尊い国が世界に一ヶ所位なくては
ならないと考えた

なぜなら、世界の未来は進むだけ進み、その間
幾度かは戦いは繰り返されて最後に、戦いに
疲れる時が来る

その時、人類は真の平和を求めて世界的な盟主を
挙げねばならない

この世界の盟主なるものは、武力や金力ではなく
あらゆる国の歴史を抜き越えた最も古く、また尊い
家柄でなくてはならぬ

世界の文化はアジアに始まってアジアに帰る
それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねば
ならない

「そのような尊い国を作っておいてくれたことを
我々は神に感謝する」と、続く

我々というのは、明らかに我々ユダヤ人は、と
いう意味だそうです

世界の盟主と題されたアインシュタイン博士が
来日の際に、残したと言われる

「近代日本の驚くべき発展」を賞賛して
「来たべき世界政府の盟主は日本が担うことに
なるであろう」と

1950年代、この文章がいつ出てきたかは明確
ではないがインターネットの普及後、ウェブ上の
記事に多数、引用されています

度重なる引用で、文章が抜け落ちていたり、
一部の語句が書き換えられたり現在、様々な
形が世間に広まっている

大筋では似たり寄ったり、予言として出ている
約300文字程度の言葉ですが・・・

2005年(平成17年)に、ドイツ文学研究者の中澤
東京大学教授(当時)は、この発言の確定的な
典拠は存在しない

アインシュタインの思想とは矛盾する内容、と
発表した

中澤先生は、この「アインシュタイン予言」の
原型を宗教家田中智學が1928年(昭和3年)に

著した本「日本とは如何なる國ぞ」の一節で
あると指摘

アインシュタインが、そのような言葉を発言
する?とは、思いました

田中智学が紹介したこの言葉の語り主は
19世紀ドイツの国法学者、明治憲法の起草に
影響を与えたローレンツ・フォン・シュタイン

シュタインの言葉が、アインシュタインの言葉に
いつの間にか、すり替わったと言われている

ネットには、天皇家の先祖はユダヤ人、という
説も出ていて、メチャクチャね、困ったものです

友達にこういう話が好きな人がいて、興味深い
そうです

日本の灯ろうに、ダビデのマーク★がある?
古代の日本にユダヤの人が流れてきた形跡が
ある、とか

聖徳太子が厩戸で生まれ厩王子、というのも
馬小屋で生まれたキリストと一致するとか

鼻の高い天狗のお面はユダヤ人を表す、なんて
書いてありますからね
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2318-ed18bab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)