もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

小説家・アンドレ・ジッドの言葉
フランスの小説家・アンドレ・ジッド
(1869~1951)19~20世紀フランスの
小説家、ノーベル文学賞受賞


「目の見える人間は、見えるという
幸福を知らずにいる」

そうですね
失って見て、気づくことが多いのは
できることが当たり前だから

確かに!呼吸ができる、苦しくない
痛くなく歩ける、それだけで感謝です

心臓が悪化すると、歩くのもフーフー
アツプアップします、ソロリソロリ

じっとしていても苦しいのです
走るなんてことは、いつからやって
ないだろうか?

それでも、歩ければ幸せです!
脈が普通に打つこと、それだけで
充分に感謝なのですが・・・

ところが人間は歩けるようになると
忘れるのです、当たり前になってね

自分もそう、またできなくなると・・・
反省しますが・・・・・


「当たり前のことは、それを
失うことでその有難みが分かる」


また、できると、できたことに感謝
することを忘れてしまう


「悩みを知らぬ者は、幸福を知る
こともできない」


「平凡なことを毎日平凡な気持ちで
実行することが、すなわち非凡
なのである」


普通でいられることが、どれだけ
幸せか、すごくできる人を見て

私はできない、ではなくて、できる
ことがいくらでも転がっていることを
思い出しましょう

うつ病の一番怖い点は、生きている
こと、それ自体、気力や意味が薄れ
死にたくなるようです

友達にもいますけれど・・・朝が最も
きついと言ってますね

アンドレ・ジッドの言葉を、思い出し
できないことを嘆くより、できることに
感謝して、楽しくすごしましょう
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2299-b8fdccfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)