もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

日本、最古の竹内文書とは?
31日、次の日曜日、BSジャパンで
午前10時30分から放映するという
「ミステリアス・ジャパン」

友達から、興味があれば、見てね
と、言われネットで調べてみました

キリストの墓・伝承館が日本にある
と、いう、まさか!まさか!そんな
ことは、考えられない

茨城県北茨城市の「皇祖皇太神宮」
「竹内古文書」について番組だという

キリスト伝説の発端、古文書があると
いう、今まで聞いたこともない話です
びっくりした

太古の歴史を今に伝える「古事記」や
「日本書紀」

それらよりもはるか昔の神話を記録
した、古文書「竹内文書・竹内文献」

日本の天皇「スメラミコト」の祖先が
地球に降り立ったころからの、世界
最古の歴史を記録している

「謎の古文書」と言う、富山県、御皇
城山の皇祖皇太神宮は正式名称
「八幡山 皇祖皇太神宮」

この場所に、最初の神が降り超太古
世界の中心であったという

皇祖皇太神宮と言えば、日本最古の
「神宮」竹内文書発祥の地

すぐには信じられない、分からない
ので、興味はありますよ、見よう

66代の竹内巨麿の代になって、富山
から茨城に、移設されたそうです

徳川時代、前田家の所領となった
時代には、文献の提出を命ぜられた

それを拒んだところ、神宮の所領は
没収の憂き目にあう

竹内家は悲惨な生活に苦しんだとも
記録されている

現在は「皇祖皇太神宮」は第68代
管長は、竹内康裕氏が務めている

分からないことばかりです、でも
興味津々です

竹内文献に400種類もの神代文字
(かみよもじ)が伝わっている

漢字伝来以前に、古代日本で使用
されたとされる文字の総称です

竹内文献研究家の竹田日恵氏は
現代の世界各国の文字で漢字と
平仮名を除く、表音文字のすべて

この日本の神代文字から派生した
ものではないか、という

古代エジプトや、中東ヒッタイトの
象形文字、ヘブライ文字、ハングル
文字、ABCのアルファベットに至る
まで

世界の、表音文字のすべての文字の
原点が日本の神代文字にあるという
現代の話です

江戸時代には本物が偽物か、議論
されたらしいが、近代以降は後代の
偽作とする説もあります

番組を教えてくれた友達に、お礼を
言いましょう、見てみたいです
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2254-4ba7098f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)