もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

仏教とは・・・仏陀(ブッダ)とは・・・
佐々木 閑先生の「ブッダ 最期のことば」
読みやすいですし、大乗仏教との違いとか
理解を深められるので、楽しいです

仏教は・・・
インド北部の小国、釈迦(しゃか)族の王子
ゴータマ・シッダールタ(紀元前463-383)が
開いた

「仏陀(ブッダ)」とは悟りを開いて真理を得た
者と、いう意味です

さすが、悟りを開いた人の言葉はズシンと
心に響きますね

ブッダはこの世の出来事はすべて、原因と
結果、因果関係に基づくと言う

因果関係を無視しどんなことでもしてくれる
超越的な絶対者などは、存在しない

人は自分の行為に対し、100%その責任を
負わねばならない、とも

若くして結婚、子ももうけたが、人生に悩み
29歳で家族を捨て「出家」した

仙人のもとで、物にとらわれない心構えを
身につけたが十分ではないと考え、さらに
山に6年間こもって苦行に励んだ

その後、山を降り菩提樹の下で、座禅し
悟りを開いたと、言われている

一切皆苦(いっさいかいく)
仏陀はこの世は不完全で苦しみに満ちた
世界と考えた

諸行無常(しょぎょうむじょう)
この世には変わらない永遠なものはない
一切のものは、時々刻々変化している

諸法無我(しょほうむが)
すべての存在には主体と呼べる「我」(が)
が、ないことをいう

無我というと、自分がないみたいですが
じゃなくて、「永遠に続くものはない」と
いう意味だそうです

その事実を認めると、我々は苦しむ事が
なくなる

それでも苦しむのは、「我執(がしゅう)」に
過ぎない

我執とは・・・・・・
自分だけの小さい考えから、離れられず
我(が)を通すこと、それは煩悩(ぼんのう)

涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)
我執を除けば煩悩が消え、悟りが得られる
と、考えた

無茶苦茶、わがままの人って、いるから
その周りにいる人は、大変です、困りますね
幸せすぎて不幸せ、って感じですかな?

慈とは「いつくしみ」仏教における普遍的な
愛を、慈悲と言う

悲とは「あわれみ」他者に、利益や楽しみを
与える、他者の不利益を取り除く事です

慈とは「いつくしみ」
仏教における普遍的な愛を、慈悲と言う

悲とは「あわれみ」他者に、利益や楽しみを
与える、他者の不利益を取り除く事です

慈悲は、人間だけでなく生きとし生ける
苦しみ全て

一切衆生(いっさいしゅじょう)の幸福を
願う心です

人の不幸を願ったりせずに、幸せを願う
ことにすると、苦しむ事がなくなる

負の感情の憎しみ、恨み、嫉妬、怒り
これが消えずにどっぷり浸かっていると
苦しみがなくならない、確かにそうです

2500年前の仏陀(ブッタ)が言ってるが
負の感情で苦しんでいる

テロは、人の命を勝手に不意に狙います
それは誰も幸せにはならないです

人を殺しあうことだけは、避けなければ
と、思うのですが、世界はいつまでも
殺し合いがなくならない、悲しいことです
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2251-860420f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)