もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

慈雲飲光(じうん おんこう)の書
慈雲は、宗派を超えて釈尊の心に戻れ
と、説いた江戸時代の真言宗の僧です

1718年–1804年、87歳没、どんな時代
でも、お坊さんは長生きの人が多い

好きな言葉に・・・・・
「飢え来たれ飯(はん)を 喫(きっ)し、
困(つか)れ来たれば 即ち眠る」

お腹がすけば、ご飯を食べ
眠くなれば、寝ることだ

当たり前のことを、人は何かと
理屈をつける

生活の中で、自然体でやることに
こそ仏道だ、とおっしゃってますね

慈雲は、あれこれと悩んだりして
生活するのではなく、当たり前の
ことを自然体でこなす

いくら悟ったふりをしても、そこに
不自然さや無理があれば、まったく
無意味だ、と説いたのです

彼の有名な書に 「不能損一毛」
(いちもうもそんするあたわず)

「法華経」観世音菩薩普門品 第25
(かんぜおんぼさつふもんぽん)

「あるいは悪人に逐われ、金剛山より
転落しようとも、観音を深く信仰して

さえいれば髪の毛一筋たりとも損なう
ことはない」と、いう教え

    itten2016-05m.jpg

素朴で力強い慈雲の書は、かすれが
独特で、なかなかいいです

パッと見は「下手だなあ」と、思うけれど
よくよく見ると味わいがあります

こういう書は悟りを開いた人でないと
書けませんね

fumai.jpg

多分、格好つけて、良く見える書にして
しまうからでしょうか?反省しないと・・・
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2229-4b78bc3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)