もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

シャープを買収した鴻海(ホンハイ)は?
経営不振に陥っていた電機メーカー
「シャープ」

テレビやスマートフォンの画面になる
「液晶パネル」をつくるため、大阪府や
三重県に大きな工場を建てた

お金をかけすぎて、自力で借金を返す
のも大変になった

これが失敗だったシャープ、韓国や
中国の企業が、安いものをどんどん
つくるようになったからね

そこで会社を立て直すためにお金を
出してくれる企業を探していたところ

台湾の「鴻海(ホンハイ)精密工業」が
買収に応じることになりました

日本の電機メーカーが海外メーカーの
傘下に入るのは、初めてのケースです

急成長の台湾の企業に飲み込まれた
今度こそ、再建することができるの?

シャープの買収交渉で官民ファンドの
「産業革新機構」の支援を受け入れる
方向に1月中旬頃は傾いていた

終わってみれば、鴻海(ホンハイ)の郭
(かく)会長の存在感だけが印象に残る
結果と、なりました

「100年企業であるシャープをもう一度
再生させたい」と訴える、郭(かく)会長

シャープを、短期間で黒字化する、と
約束、強気です

鴻海(ホンハイ)が支援額を5000億円
規模からおよそ6500億円へ、大幅に
引き上げ、最終的には7000億円融資

シャープの再建を巡り産業革新機構と
鴻海(ホンハイ)精密工業との競合を
経て合意した

その後、鴻海(ホンハイ)からの値切り
交渉が発生

出資金額約1000億円減の3888億円で
落着

合意してから、融資額を下げるなんて
思わなかったのでしょう、甘い甘い!

シャープの経営陣の、無能な交渉で
鴻海に上手く、買いたたかれた感じ

「産業革新機構」の提案は3000億円を
出資と、言う

主力取引銀行による最大3000億円の
金融支援が柱

融資額が足らず鴻海(ホンハイ)に決定
もし、そちらに決まっていたら・・

人材の流出も止められたし、シャープ
100年の歴史も守られたのでは?

シャープの、2016年3月期連結決算は
最終損益が2559億円の赤字(前期は
2223億円の赤字)

主力の液晶パネル事業でスマートフォン
(スマホ)向けの中小型パネルが苦戦

在庫の評価損など、特別損失が膨らみ
312億円の債務超過に陥った

それで、シャープ経営陣にとって産業
革新機構より、鴻海(ホンハイ)案が
希望に見えたのでしょうね

渡りに船を得る、と言いますが、そう
思うのは、当然です

したたかな鴻海(ホンハイ)船を得たが
その戦略に呑み込まれた感じもする

買収のことが、わからない私でさえ
そう思う

過去に出資をほごにされ、鴻海への
不信感も根強かったはずのシャープ

郭(かく)会長「シャープの黒字化には
2年、保守的に見て4年要する」と

当面の赤字は覚悟のようです、再建に
向けた道のりは、まだ長くかかりそう

でもうまく買収できたと思っているはず
相手はなかなか、したたかでしょう

日本人は足元を見られ、舐め切られた
感じ、でも仕方ない、経営の失敗だから
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2214-23f0757b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)