もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

若々しくいられるためには・・・・
タンパク質を構成する20種類のアミノ酸は
「必須アミノ酸」と「非必須アミノ酸」

必須アミノ酸は体内では合成されないので
必ず、食物から補給しなければならない

バリン、イソロイシン、ロイシン、メチオニン
リジン(リシン)、フェニルアラニン

バリンの場合、マグロは1食当たり使用量
刺身7切れ100g1300mg、牛豚レバー100g
1100mg

イソロイシンは鶏肉、サケ、牛乳、プロセス
チーズなどに含まれ豚ロース100g1200mg
卵1個336mg

筋肉の強化や肝機能の向上効果のほか
血管の拡張や体の成長を促進する

ロイシンは、カツオ7切れ100gで1800mg
や鶏胸肉100gで900mg、卵は1個550mg

メチオニンを多く含むものはマグロ100g
760mg、鶏胸肉100g640mg、豚ロース
100g620mg、豆乳1パック104mg

リジンもフェニルアラニン、トリプトファン
スレオニン、ヒスチジン、アルギニンも
摂取する食べ物は、大体同じものです

非必須アミノ酸のグリシンは車海老で
2尾で1300mg、ウニ刺身1人前で600mg

アラニンはグロコースに関わり、セリンは
酵素の重要な部分に存在している

チロシンはドーパミン、ノルアドレナリン
甲状腺ホルモンなどの原料になりマグロ
豚ロース、凍り豆腐を食べると良い

牛肉は出てこないね、マグロや豚ロース
鶏肉を食べていると良さそうです

システインは硫黄を含んでいて、タウリン
これは、エネルギーをつくるのに大切な
補酵素

アスパラギンは世界で最初に発見された
非必須アミノ酸

プロリンはコラーゲンの材料となり、強い
コラーゲン合成に役立っている

アスパラギン酸はアラニンの原料、神経
伝達物質だしね

グルタミンは小麦グルテンから発見された
タンパク質をつくるアミノ酸として広く存在

アスパラギン酸はタンパク質の親水性の
かたまり部分などで、重要な役割です

グルタミン酸、小麦グルテンから発見され
タンパク質をつくるアミノ酸として広く存在

動物の体内では、神経伝達物質としても
機能していて、神経伝達が行われるし・・

興奮性の神経伝達物質、グルタミン酸が
たくさんつながると、納豆の粘性物質で
あるポリグルタミン酸になるとか

豚や鶏や、マグロやエビ、ウニ以外では
納豆、豆乳、凍り豆腐を摂るといいらしい

日本人が普段、よく食べているものです
そうか、タンパク質を大いに摂取しよう

菜食主義だと、大豆をせっせと食べないと
いけません、それだけだと、やはり・・・

肉や魚介を摂取しないと、アミノ酸は摂れ
そうにない

若々しく入られるためには、たまには肉を
食べないと、老けそうです

104歳の日野原先生はステーキを食べて
いるそうですからね
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2208-b3790d1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)