もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

老犬ララも一進一退
免疫学の第一人者である安保先生、免疫の
基礎知識を、分かりやすく説明している本を
たくさん出版しています

ストレスにより、交感神経支配下にある
顆粒球増多の現象が分かると、炎症性
腸疾患のメカニズムも解明できるという

ストレスから交感神経を刺激し→顆粒球
増多→粘膜破壊の連鎖で歯周病、胃炎
胃潰瘍、クローン病、潰瘍性大腸炎などや

痔疾、卵巣嚢腫、突発性難聴などの発症の
メカニズムが次々と明らかになっている

ストレスの正体やガンの発症メカニズムも
解明するという

先生は免疫力を上げるため、発酵食品を!
と、進めています

蛋白質や炭水化物は、胃酸や消化酵素に
より、分解されて体内に吸収される

でも大豆の蛋白質はそのままでは吸収し
にくい性質があるようです

ところが納豆には発酵前の大豆にはない
栄養をたくさん含んでいる

納豆菌が出す酵素が大豆の栄養を分解
したり、合成して別の栄養を産み出すから

例えばビタミンB2は、納豆になると約2倍
ビタミンK2は大豆の100倍以上になります

キムチ・チーズ・かつお節・味噌・醤油・お酒
など、発酵食品は、保存性も高いです

発酵時に微生物が悪玉菌の繁殖を抑制する
働きをしてくれるので、長期保存も可能です
いいことづくめですね

納豆・チーズなど独特の香り、それが苦手な
方もいるでしょうけど・・

発酵の過程で、納豆菌や乳酸菌などは、その
微生物自体も増え、腸内で善玉菌として働き
腸内環境を整えてくれます

日本は発酵食品が多、醤油や味噌など和食を
食べてストレスを減らし、元気になれるといい

病気は逃げていくでしょう、腸の働きをよくして
くれる発酵食品を摂りましょう

心臓の薬のワーファリンを、飲んでいるので
納豆は食べることはできません

病気で食べられない人は、大勢いるはずです
乳製品のヨーグルトならと思い、食べていたの
ですけど・・・

お腹の調子が悪くなり、残念ですしがっかり
老犬ララのお腹の調子も、一進一退です

それでも1日でも長生きを!と思っています
17歳と半年の大好きなララちゃん!頑張れ!

IMG_2044.jpg
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2202-d8ae4267
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)