もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

不整脈は大きく分けて3つの種類
心臓は1分間に男性で平均60~70回
程度、女性は65~75回、規則正しく
収縮と拡張を繰り返している

外来で脈を測るのですが、61の時も
あります

一日に約10万回、平均寿命を80年
余とすれば生涯で約30億回、休まず
拍動を続けている心臓に、敬意を!

心臓を刺激し拍動させる「電気信号」
その流れが乱れてしまうのが不整脈

大きく分けて種類は3つに分かれる
遅くなる「徐脈」、速くなる「頻脈」
脈が飛ぶ「期外収縮」があります

流れが悪くなり、心臓の拍動数が
減る「徐脈」

「電気信号」が心臓内で異常発生や
異常回転して拍動数が増える「頻脈」

私の場合は頻脈、半年前、小学校の
クラス会に参加した時、クラス委員を
していた彼女と席が近くなり話が弾む

不整脈の話になった、彼女は徐脈で
心臓が止まったりするという

山登りをしていた元気な彼女でした
ので、驚きました

徐脈の人は「ペースメーカー」を取り
つけることで健康な人と変わらない
生活ができます

遅くなった脈(電気の流れ)に心臓の
外から、電気刺激を与える、友達も
ペースメーカーを付けたとか

頻脈の私は13年前に心房粗動・心房
細動で高周波カテーテル・アブレーション
(焼灼術)を受けました

何回も心臓手術をして、心臓に癒着が
出来て頻拍の原因となり、その部位を
焼灼したのです

大腿の付け根の血管からと首の鎖骨
の所から、カテーテルを挿入

先端から高周波電流を流し、心臓の
筋肉を内側から焼灼

頻拍の原因となる個所を、探し出す
のが大変だったそうです

施術で5時間掛かった、心房細動で
苦しみから、解放され嬉しかった
医学の進歩で、患者は救われます

去年は、また不整脈できつい生活に
なりました

治療の甲斐があって、今は普通に
暮らせて、感謝しています

徐脈の同級生ももペースメーカーで
救われ、何とか暮らしているそうです

またクラス会で会えるのを、お互い
楽しみにしている

最後に書きます、一番怖い不整脈は
心室細動

心臓の心室が小刻みに震え全身に
血液を送ることができない

平常の心拍が急に200以上に上がり
その直後0になり突然死する、これは
早め早めのチェックが必要です
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2190-7dcbfabd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)