もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

舛添都知事にまたまた疑惑が浮上!
10日の記事に、都庁には4600件以上の
批判の声が届いていると、出ていました

舛添要一都知事(67)の三つの政治団体
「グローバルネットワーク研究会」に
「新党改革比例区第四支部」「泰山会」

この団体の、政治資金収支報告書(2012~
2014年)を「週刊文春」特別取材班が精査

政治資金規正法違反の疑いが浮上した
「グローバルネットワーク研究会」の収支
報告書によると・・・・・・

舛添氏は2013年1月3日、千葉県木更津の
「龍宮城スパホテル三日月」における「会議
費用」として、237,755円を計上

翌年も1月2日にやはり「会議費用」として
133,345円を計上、その金額は合わせて
371,100円

正月休みの温泉リゾート地、そんな時期に
何の「会議」が開かれたのですか?

文春特別取材班は、木更津に向かった
ホテル関係者から次のような証言を得た

「二回とも、会議は行われていません
舛添さんはお子さんを連れて、家族で
ご利用になりました

いずれの年も、グレードの高い部屋に
泊まったと思います」

政治資金には、国民の血税である政党
助成金が含まれている

舛添氏は、自身の家族旅行の代金を
血税で払い、虚偽の記載「会議費用」と
したことになる

舛添氏に事実関係を尋ねたが「すべて
法的に適切に処理しています」とだけ
回答があった

どう処理して公用ではなく私用で家族が
経費として、落とせるかだけですね

政治資金規正法に詳しい神戸学院大学
上脇教授は指摘する

会議費用と記しておきながら、内実が
単なる家族旅行だとすれば、政治資金
規正法の虚偽記載に問われる

しかも毎年、繰り返し同じ虚偽記載が
なされているなんて、呆れる

会計責任者の単純ミスではなく知事に
よる意図的なものと考えざるを得ない

政治資金規正法の虚偽記載の時効は
5年

「5年以下の禁固、叉は100万円以下の
罰金に問われる可能性があり・・・

最悪のケースでは公民権の停止もあり
得ます」と言う

私生活では2度の離婚歴、最初の妻は
留学時代出会ったフランス人

2度目の妻は大蔵省官僚時代の、片山
さつきさん(当時:朝長さつき)

衆議院議員だった近藤鉄雄の紹介で
1986年に、お見合い結婚をした

3か月後には片山が弁護士に相談する
事態に陥ったという

調停を経て3年後に離婚、1996年6月
元秘書の現在の妻と、女性と3度目の
結婚、2児をもうけている

他に元愛人の女性2人との間に子供が
3人、実子2人で計5人

弁護士名義で手紙を送り、婚外子の
母に対し「自分の年収が激減している

子供も自立したから、月額22万円の
扶助料を減らしたい」と養育費削減を
通達した

元愛人と子供に対して、あまりにも
勝手、心がないとしか思えない

自分が、一番大事なのでしょうね
そんな人が、都知事として適任なの?

家族で近所の飲食店で食べたものも
経費として落としている

正月の家族旅行などの疑問は、説明
して頂く義務があるでしょうが・・・

計上したものを、間違えたとして、訂正
すれば、責任は取らなくていいらしい

弁護士だから、抜け道は考えてあるで
しょう、モラルが無さすぎますね

猪瀬元都知事も5000万円の疑惑で
辞めたし、問題だらけです

週間文春に、地位に踏ん反り返って
いる人の、襟を正して頂くためにも
頑張って頂きたいですね

日本人も堕落したものです、誠実な
人はどこにいるの?
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2176-a1df8a3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)