もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

虐待を受け自殺した男子中学生が死亡
両親から虐待を受け、相模原市児童相談所に
通所していた中学2年の男子生徒

2014年の11月に自殺、意識不明でした
今年の2月末に死亡していた

母親の再婚相手に、小学6年生の頃から
暴力を振るわれていたようです

何故、母親は助けられなかったのですか?
涙ながらにインタビューに答えていた母親

「しつけの範囲内だった」と答えていたが
両親からの暴力、と書かれていましたよ

父親から投げ飛ばされて、コンビニエンス
ストアに逃げ込んだこともあるそうです

児童相談所は、親の承諾なしに強制的に
保護する権限があるのに、保護しなかった

市によると平成25年秋、当時小学校6年生
だった男子生徒の顔にあざがあることを
小学校の教諭が気付き、市に通報した

児童相談所は同年11月に虐待案件と認定
両親は呼び出しに応じ、男子生徒と指導を
受けていた

しかし、その後も両親による虐待は続き
男子生徒は何度も「児童養護施設で暮らし
たい」と訴えていたという

男子生徒は「誰も助けてくれない」と希望を
失ったのでしょう

勇気を出して声を上げ、養護施設の入所を
求めたのに残念です

両親がかたくなに拒んだため、と言っても
子供が親と住めない、と訴えているのに

職権を使う急迫した状態にはなかった、と
いう児童相談所

所長は「親子の状態は少なくとも、良い
方向に向かっていた」と言う

「申し訳ありませんでした」と、いつも謝る
だけです

親身に向かい合うことが抜けていたのです
暴力を振るう人の元に、帰したらいけない
余計にひどくなると思います

「後悔先に立たず」何故、助けを求めている
子供の身にならずに放置するのでしょうか?
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2126-4c57a3d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)