もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

「てんたん」とは?
文旦とそっくりなんだけど「てんたん」って、何!
スーパーで見つけて買った、文旦とは違うの?

IMG_20160304_072239.jpg

「てんたん」は土佐市農協柑橘部が定めた
「文旦ブランド」のことらしい

土佐市の文旦山畑で、昼と夜の気温格差が
大きく、南向きの傾斜地

日当たり抜群、水はけも良い土地でしか栽培
できない、文旦ソムリエが箱詰めするとき・・・・
なんて書いてありました

土佐文旦ソムリエとは、見た目にもばらつきの
ない「美味しい土佐文旦」の確立のために制定
された制度だそうです

天下一品の文旦ということで、最上級の文旦に
「てんたん」(天下一品+文旦)というブランドを
つけて出荷されるようです

「てんたん」の名前に惑わされけど文旦でしたか!
これでは「てんたん」以外は、良くない感じですね

土佐ならどこの地域でも、文旦の名でみんな
頑張って栽培して、売ってるのに・・・

外側も実もきれいよ、だけど、わざわざ名を変え
なくてもいいのに、ややこやしいですね

甘い甘い柑橘のものと違い、ちょっと酸っぱみが
ある文旦が大好き!

江戸時代に、南方から種子で持ちこまれた
「さぼん」「ぼんたん」など、色々な名で呼ばれて

原木は昭和4年に設置された高知県農事試験場
園芸部(現在の農業技術センター果樹試験場)の
玄関に一本あったそうです

それが県内で広がっていったようです、全国的に
まだマイナーですが、自信を持って作って下さい

好きな人は、食べたい一心で、厚い皮むきが
大変とは、思いませんから

「文旦一」という店や「アグリファーム高知」など
から、ネットで注文、送ってもらっている

温室文旦から始まって、今は路地もの、ホントに
美味しいです!

追伸
アグリーファーム高知から送ってもらった文旦
お味もいいし、「てんたん」と、何も変わらない

IMG_20160307_061831.jpg

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2108-4be0236e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)