もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

木工メーカーのBUNACO(ブランド名)
ブナコ株式会社は青森の木工メーカー
日本一の蓄積量を誇る青森県のブナを
有効活用している

1956年、青森県工業試験場・場長の
城倉氏(故人)と石郷岡氏(故人)の共同
研究により考案された

1963年にブナコ漆器製造株式会社設立
3年後には、北日本中小企業振興展で
通産大臣賞を受賞

ブナコの商品
ayumi_bowl.jpg

ブナ材の豊富な青森で、漆器の下地と
して、利用されていたが、何か商品が
出来ないかと言うことで、生まれた

従来の木の固まりを削る製法に比べて
製造過程で材料の木材の無駄が出ない

ブナ材のテープを巻き、少しずつずらし
スライドし、曲線美豊かな作品を作れる
ようになった

そのデザインの優秀性・品質・安全性が
経済産業省選定のグッドデザイン商品に
認定されたそうです

デパートの売り場で目にはしていました
持ち上げても軽くて驚きました

今朝、6時頃、テレビで放映していた
食器などを作っていた頃、倒産の危機

バブル崩壊後、売れなくなり、負債を
5億円ほど抱え新しい商品を考えていた

「ブナ」は北欧では森の聖母「」と呼ばれる
ほど木質の美しい木だそうです

その美しい木を加工した、曲線美豊かな
照明機器を考え出した

ライトが木肌に当たり、とても美しかった
大成功を収め今や、東京にショールーム
images-1.jpeg
30年ほど前に、陶器で照明機器を10個
ほど作り、苦労したことを思いだした

今も家にはいくつか残っているスタンド
重宝して使っている

陶器は隙間を作れば、光は漏れますが
ブナコの照明器具は一つ一つ木肌を
映し出す光が魅力的、いいですね
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/2053-9bf31c69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)