もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

五木寛之さんの「腹八分」論
病気になる人と、健康で100歳まで
生きている人、どこが違うのだろう?

健康の秘訣は「腹八分」と昔から
言われていますが・・・

五木寛之さんはそれでも多すぎると
おっしゃる、過食が病気の元と言う

命ある限り、少しでも長く生きたい
そう思うのは、当然です

そのためにも、歳なりの食事の量を
考えなければ・・・・・・さてさて

10代は食べるだけ食べて基礎体力を
養うために「腹十分」たっぷり食べ
満腹感を味わう

20代は大いに運動をして「腹九分」
30代は働き盛り、それでも体力が
落ち始めるから、「腹八分」でよし!

五木さんは、そうおっしゃるけど
お相撲さんなら、食べて食べて
まだまだ、身体を大きくしますよね

そう言えば、長生きしている人は
少ない気がするけど・・・

ラグビーの五郎丸さんは29歳だけど
好物のトンカツをたくさん食べて走る
食べないと勝てませんね

40代は下腹の膨らみが気になる頃
「腹七分」がいい、少し減らすこと

50代「腹六分」60代は「腹五分」
当時、五木さんは60代なので1日
1食半だったそうです

70代「腹四分」半分以下ですね
80代で「腹三分」

五木さんは、1932(昭和7)年
9月30日生まれだから今、83歳

もう「腹三分」でいいそうです
守ってますか?

90代となれば「腹二分」100歳に
なれば「腹一分」?

110歳ならもう食べなくてはいい
のでは?という

生きている以上、食べないとねえ
少しは?

100歳「腹一分」とは言わないが
歳と共に食事の量を減らしていく

それは病気を遠ざけるために必要
だと思います

元東京都知事の石原慎太郎さんも
三浦雄一郎さんも1932(昭和7)年
生まれの83歳、同じ年ですね

「わりなき恋」(幻冬社 2013年)を
書いた小説岸恵子さんも同じ年

83歳でも、お綺麗でお若いですよ
「腹三分」に、しているかな?
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/1986-e51c4417
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)