もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

題名「こうして、世界は終わる」
ナオミ・オレスケス、エリック・コンウェイ著
渡会圭子訳 ダイヤモンド社

原題は・・・・・・
「THE COLLAPSE OF WESTERN CIVILIZATION」

雑誌クールエ・ジャポンのブックセレクト
「今月の本棚」で、取り上げていた

西暦2393年の第2次中華人民共和国の歴史
研究家たちが、1988〜2093年の歴史を振り
返って語るという

全生物の7割が死滅する絶望の未来、人類は
既に破滅的な地球温暖化の引き金をひいて
しまった

科学史の世界的権威であるハーバード大学
教授は、2093年に西洋文明が終焉すると予測
あと80年と少しで終焉ですか?困りますね

北極の氷も溶け出しているし、ますます温度が
上がり、温暖化に移行しているのはヒシヒシと
感じる

21世紀の私たちの周囲で何が起こっているのか
今後、地球がどのような状態になっていくか・・・

とてもリアルに描かれているノンフィクションを
読んでいるような印象らしいです

社会的に大きな影響力を持つ現役の科学者が
このような本を書いたということ自体、驚き、と
言っている

地球の気温が上昇を続けている今、何も有効な
手を打たなかったため惨事を招いた、としている

化石燃料を使用し続け、温暖化を阻止できずに
いると、どうなっていくか?

何事もそうなって、やっと気付くのが人間かも
しれません

専門家でもなく、何も分からない人間ですが
長い年月で出来た化石燃料を使い切って後に
地球はどうなるのか?

これほどの、異常気象が続発しているので
不安を抱いている人は、多いと思います

気温上昇4℃で、熱波と干ばつが当たり前
「虫の大発生」で病気が爆発的に広がり

永久凍土が溶け、シロクマが絶滅、海面
上昇で、地球の「大崩壊」が起こる

「人口大移動」から、全生物の7割が死ぬ
ゆっくり進んでいた時間が、急速に急激に
崩壊へと向かい出した

原因は大気中の二酸化炭素量の増加
と推測はできても、排出量を減らせば
気温が下がるという保証もない

人類の一員としてぜひ読んでおくべき本
ではないか、と思います

科学者や研究者は声を大にして警告すべき!
世界は戦争ではなく調和めざし、一丸となり
知恵を出し、未来の地球を守ってほしいです
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/1945-2425dc09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)