FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

心臓病の山田倫太郎君、13歳
先日やっていた24時間テレビ2015、見て
いませんでしたから

心臓病の山田倫太郎君、13歳のことは
知りませんでした

昨日の昼番組で流れていた
仮死状態で生まれ、心肺停止で病院に
運ばれたり・・・

カテーテル血管造影検査も10回以上も
して、苦しい検査や治療のを乗り越えて
生きている

腸から、タンパクが漏れる合併症も抱え
点滴と酸素吸入器をつけて学校へ通う

1万4000人に1人の難病「フォンタン術後
症候群」といい


心臓には左右に二つの部屋があるが
彼は生まれながら部屋が一つしかない

2心室修復が不可能、単心室血行動態
疾患に対して、Fontan手術を施行

フォンタン術後、不整脈、チアノーゼ
血栓塞栓症、蛋白漏出性胃腸症、心不全
肝がん、肺高血圧、肝硬変、腎不全など

全身の臓器不全をきたすそうで、根本
治療がない疾患だとか

「どんな時も僕らしく生きたい」彼の言葉
身にしみます

患者が望む理想の医者、というレポート
10枚、彼だからこそ書けたのです

「理想の医者8か条」
番組では少し読んでくれましたがとても
素晴らしい内容です

「医者は病気を治すだけではダメですよ、
言葉も大切です」

「患者さんは、誰もが自分の受ける
治療や検査などに不安を抱えている、
しっかりわかりやすく説明してあげよう」

おっしゃる通り、いつも感じていること
13歳で、悟りを開いた大人のようですね

これを読んだ長野県立こども病院の
循環器小児科部長の先生は・・・

「医者のことをよく見ている、ハッと
させられた」と

倫太郎君の主治医は「彼の文章には
生きることへの感謝と、真摯な姿勢に

あふれている、かみしめて読んでほしい」
と、コメントしている

ポジティブで明るく、思いやり一杯の彼
心が満ちていて人生を楽しんでいる
頭の回転が早く、中学生とは思えない

普通の生活ができることが、嬉しいと
倫太郎君、即答したのが印象的でした

私もそう思っています、呼吸が普通に
出来るだけで、幸せですから

彼は、自殺する人のニュースを聞くと
腹を立てるそうだ

「自分の命を大切にして下さい、他の
人の命も大切に出来ます」と

弟さんがいて兄を治したいので医者に
なる、と決めたそうだ

5歳ですよ、人体についての本を読んで
いると言う、心打たれました

13歳の、彼の著書があるのが分かり
Amazonで注文!届くのが楽しみです!
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/1918-d0d93aa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)