FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

小児用補助人工心臓の国内販売を了承!
心臓移植までの間、低下した心機能を補い
患者の命をつなぐ補助人工心臓

海外では、使用可能な医療機器ですが・・・
日本で今まで、使用はできなかった

国内では子供用の補助人工心臓が使えず
一時的な簡易の機械を、使用する選択肢
しか、なかったのです

命をつなぐはずの補助人工心臓が娘の命を
奪う結果となってしまった

6歳女児が1月に拡張型心筋症で亡くなった
両親の言葉です

心不全が急速に進んだために、最初にすぐ
付けられる簡易型補助人工心臓を使用

その後、小児用補助人工心臓の切り替えを
検討していたが間に合わず、脳に血栓が
飛んだのです、血の固まりです

心臓の具合が悪いと、血液が全身にうまく
流れませんから、心臓の中に血栓が出来る

それが飛んで足に詰まれば、車椅子になる
色々な人を見てきました

厚生労働省の専門部会は6月12日、ドイツの
医療機器メーカー、ベルリンハート社が開発
した小児用補助人工心臓の国内販売を了承

来週にも、厚労省が正式に承認する
国内で、小児用の補助人工心臓の承認は
初めてです

日本では、1年間に18歳未満の子どもが
発症する数は、70~100例とか

心筋が薄くなって心臓が大きくなる拡張型
心筋症は1歳未満での発症が多い

心筋症には拡張型心筋症、肥大型心筋症
拘束型心筋症の3種類があり、その治療に
人工心臓が使えるようになったのです

1月に亡くなった女児の両親が望んでいた
のはベルリンハート社の小児用補助人工
心臓の取り付けだった

容体が悪化したら死を待つしかなかった
重い心臓病の子供たち

体重2kの子供から使用可能だそうです
やっと願いが叶いましたが、半年早ければ
そのお子さんんも助かったでしょうに・・・

6歳の女児が亡くなった記事を読み、何故?
日本は何でも遅いの?

補助人工心臓の承認が下り、子供たちの
未来に光が射してきた

ご両親は早期承認を求めるコメントを発表
日本小児循環器学会も厚労省に要望書を
提出していたのです

移植までの間、低下した心機能を補い命を
つないでくれます

実を結びました、良かったです!
心臓を患っている者として、とても嬉しい!
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/1846-8cec52fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)