もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

頭のいい人は恋ができない
「天災は忘れた頃にやってくる」
確かに何でも忘れた頃なんです
言い当ててますね

この名言を残された寺田寅彦さん
戦前の物理学者、随筆家、俳人・・

明治11年〜昭和10年、57歳、没
戦後の発展もご存じない

父親は高知県の士族出身、両親と
同じの四国出身!興味ありです

熊本の五高へ進み漱石に出会う
東大助教授を経て、東大教授

最初の結婚は寅彦18歳、妻夏子
14歳、18歳では収入がないのに・・

昔は親が結婚を決めたらしいから
夏子は14歳で結婚させられたのは
自分の意志ではないでしょう?

可哀想じゃないですか?
今では考えられないです、だって
中学2年生ですからねえ

1回目と2回目の奥様を亡くされて
3回結婚している

彼の語録、他にもいい言葉がある
「健康な人には病気になる心配が
あるが、病人には回復するという
楽しみがある」

確かにそう思います、持病を持って
いるからこそ、感じることは一杯!

「興味があるからやるというよりは
やるから興味ができる場合がどうも
多いようである」

この言葉も、その通りですね
「頭のいい人は恋ができない、恋は
盲目だから」とも、言っている

冷静で、論理的な頭のいい人には
恋はできません、と、言うが・・・
これについては・・・そうかなあ

いろいろなパターンがあるように
思うけど・・・

事件を起こす人も、多いでしょう!
別れが納得できず、相手を殺して
自分も死ぬ、なんて事件もあるし・

ニュースで流れていた
大学4年のA子さん(21)と出会った
中国人留学生

5月上旬「婚活サイト」で出会って
すぐに同棲、10日で別れ話です

朝、いないことに気付いた男性は
A子さんの実家に押しかけた

死ぬなら彼女も殺して自分も死ぬ
A子さんと母親は軽傷で済んだが
止めに入った父親を殺害した

最近、このような話はよくある
出会いと、行動に問題ありです

頭のいい人はこんな馬鹿はしない
だから恋が出来ないとは言えない
けどね
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/1829-a0aaeb49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)