FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

最後の将軍の父親「徳川斉昭」公
最後の将軍・15代徳川慶喜の父親
「徳川斉昭(なりあき)」公

まさに幕末をその荒々しい気性で
生き抜いた人です

艶福家(女性にもてる男)で先代藩主
である兄の正室で養母の峯寿院峰姫

(徳川家斉の娘)の上臈・唐橋(元大奥
女中)に、手を出したと言われている

上臈とは地位・身分の高い人
江戸幕府の大奥の職名、奥女中の
最高位、公家出身が多いのです

上臈御年寄とは生涯奉公の職で
終身異性関係を持たないと誓って
奉公するらしいですが・・・

峰姫が第8代水戸藩主・徳川斉脩
(なりのぶ)に嫁いだ

それに付き従って江戸の水戸藩
小石川邸の上屋敷へ

当時、尾張徳川家と紀州徳川家の
両公も唐橋の容色をほめていた

彼らは唐橋がいれば小石川邸で
夜遅くまで遊んだが、彼女が
いなければすぐ帰ったという

斉昭が唐橋に言い寄ったと聞いて
それはごもっともの事、と言ったとか
唐橋は魅力的な女性だったのですね

長男の慶篤(よしあつ)の正室・線姫の
急逝に対し斉昭が線姫に手を出しため

自害したなどという噂もあったし
困ったお殿様でしたねえ

また大奥の女性達に対して今で言う
セクハラまがいの発言も多かったと
指摘されている

1894年(明治27年)唐橋の父・高松
実村子爵(高松公祐の曾孫)が語った
ところによると・・・

大奥で重要視されていた唐橋に
斉昭が「書類の調べごとがある」と

協力を求め、やがて「二人は親しく
なり過ぎた」という

のちに祖父・父らが相談して病気を
理由に、唐橋を大奥から下がらせ
水戸城に移し男子を出産したという

その子の子孫はどうなっているの?
徳川家とは同じ子孫になるはず

斉昭は生涯に男女あわせて37人の
子供をもうけたがその多くが各地の
藩主になったり、藩主に嫁いでいる

どれだけの子孫が日本中に散らばり
国民のみんなと、血縁関係になって
いるでしょうね

家斉は何たって子供が53人ですから
側室が10人以上です、成人したのは
半数だったそうですが・・・

好色なお殿様ばかりとは限らない
子供が全然出来なかった殿様もいた
のですから・・・・・・
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/1729-72c2c46d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)