FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

テナガザル類のゲノム解読
東南アジアの熱帯雨林に生息する小型類人猿
テナガザル類の一種キタホオジロテナガザルの
全遺伝情報を解読した、と

米オレゴン健康科学大などの国際研究チームが
英科学誌ネイチャーに発表した

約1700万年前に大型類人猿(ゴリラとオラウータン、
チンパンジー)や人の系統と分かれたとみられる

600万~400万年前ごろに東南アジアの地形や
環境の変化に適応して・・・

クロテナガザルやフクロテナガザルなど4タイプに
分かれたらしい

テナガザル類は絶滅の危機にあり、進化過程の
解明に役立つと期待されている

600万〜400年前、1700万年前、ということがよく
分かるなあ、とつくづく思います、どういう計算?

テナガザル類のDNAは、約30億塩基対あり
蛋白質を生み出す遺伝子は、約1万8600個
これは、チンパンジー並みだそうです

ヒトの遺伝子数は、2万2000個と言われている
ほんの少しの違いだけど、まるで違いますね

長い腕と頑丈な間接を生かし、木から木へ早く
移動するため、腕の発達に関する遺伝子が
テナガザルにはあったようです

人間との違いはどんな遺伝子からなのでしょうか?
バナナと人間の遺伝子も、大体50%が同じ?とか
本当かなあ、はっきりするのは目前ですね
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/1628-0461c0d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)