FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

電極付き カテーテルを発売!
頻脈性不整脈に対する根治術として
カテーテルアブレーション治療がある

友達のご主人も受け、仕事に復帰!
たくさんの方が、受けられています

カテーテルを、足の付け根の血管から
徐々に心臓に挿入

不整脈の原因部位を突き止め、先端から
高周波電流を流し、焼灼する治療法

発作性上室性頻拍症、心房粗動、心房
細動、心室頻拍、ほとんどの頻脈に適応

慈恵医大では年間症例数、約150例で
現在成功率約95%と、書いてあった

素晴らしい成功例!安心して受けられる
時代ですね

慈恵医大で2回心臓手術を受け、10年前
カテーテルアブレーションを受けました

心臓外科から回されたのですが、優秀な
先生だから、安心して受けなさい!と
言われたが・・・・

心臓の中で、電気信号の流れに異常が
生じ、同じ場所を繰り返し回ってしまう
心房祖動、心房細動

ダダダダダダダダ、と異常に脈拍が早く
動悸や胸部の痛みなどの症状が出る

米ボストン・サイエンティフィックの
日本法人は心臓を動かす電気的信号の

異常を高い精度で検出できる電極付き
カテーテルを発売

最新機器CARTOマッピングシステムの
導入により治療困難であった不整脈も
現在は根治可能となってきているとか

異常のある場所で電流を使って焼灼
するのは、従来と変わりない

どの部分が最も心筋に接触しているか
確認でき、通電する場所を細かく調整
できるため、より正確な治療ができる

10年前の治療は、始まったばかりで
慈恵医大でさえ機器がなくて、借りて
来る、と言っていた

なかなかやってもらえず、長い期間
待ち、苦しくつらかったです

今すぐにでも、やってほしい!という
心境でした

それに従来は信号を読み取る範囲が
広かったため、正確な位置を把握する
ことが出来ず・・・

先生は、勘を頼りに通電する場所
(焼灼する場所)を決めたと、言った

大体70%焼き切った、と言われが
腕のいい先生の治療で結果は良好!
苦しみから解放された

あれから10年、苦しまず、幸せに
暮らせて、感謝はいつも忘れません

今、出来ることはやる、そんな気分で
生きて来た、健康な人と同じようには
できませんが・・・

そう、慈恵の前に聖路加で49年も前
1回目の心臓手術を受け、通算3回

人工心肺もない時代、左胸を腕の脇下
から、乳房の下を切って開き、僧帽弁を
指で広げる

すべて勘を頼りでしょう、凄い時代に
手術を受けたしやってくれた、と思う

あの頃は、心臓手術でたくさんの人が
亡くなっていた

今年の4月、脈が速くて苦しくて一人で
救急で慈恵医大病院へ行くと、これから
電気ショックをする、と言われ、受けた

終わったら、帰れますが全身麻酔です
一人では返せないそうで看護師さんから
「迎えの方は?」と聞かれ、慌てた

連絡を入れるが、突然でしたが娘婿が
迎えに来てくれました、助かりました!
みんなに迷惑かけている

今年はガタガタで梅雨時の6月には
雨の中、階段で足を滑らし救急車で
慈恵医大へ

肋骨2本、折ってしまった、大事な
老犬ララを左手に抱きかかえ、右手に
傘、ネットで買った靴を履いていた

すべる靴だったんですね、ショック!
自分が転ぶなんて想像もしていません
甘かった!ほんと、甘かったんです

いい年の老人であることを忘れて
気持ちは誰でも、昔のままですから・

疲れるとまた、脈が早く打つようになり
救急で夜中に診てもらったり焦る日々

あと、10年は生きて孫の成長を見たい
きっと優しい素敵な女性になっている
と思う、それが楽しみなのです
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/1596-01dc81cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)