FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

死ぬとき心はどうなるの?
2014/09/14 「NHKスペシャル」
死ぬとき、心はどうなるのか?

死ぬとき「私」は何を見るのだろうか?
たいへん、興味があったので見ました

立花隆(たちばなたかし)さんが進行係
死についての、思索ドキュメント

74歳、がんや心臓の病気を抱えて死を
間近に感じる今、臨死体験の最新研究
現場を見つめようとしている

哲学、宗教、脳科学まで様々な分野を
取材してきた作家です

「臨死体験」と言う分厚い本、何年か前
出版された、読みました

謎は人の心は死んだらどうなるのか?
私たちの心はどのようにして生まれる?

色々な研究をもってしても、脳と心の
詳しい関係について解明できない

心停止などで、脳が活動しなくなったと
思われる人たちが見るという不思議な
現象「臨死体験」

娘が中学3年生のときに、熱が高くて
とても苦しかったそのとき・・・

自分がベットでグッタリしている姿を
天井のすみで、眺めていたそうです

驚いたそうです、身体に戻らなくては
と思い、慌てて自分の中へ入った、と

残念ながら、私は経験がありません
心臓の手術で3回、集中治療室に入り
苦しい思いをして、死にかけたのに・・

それ以外に電気ショック、アブレーション
いくらでも経験はありますが・・・

心が体を抜け出したり、光輝く美しい
世界に行く体験など、していません

母も亡くなる1日前、当日だったか
とても綺麗な、お花畑に行ったのよ、と
しみじみ話してくれました

死んでも、心は存在する特別なものと
感じたいから、経験したい!

この現象を脳の働きで、解き明かそうと
いう研究が進んでいる

ジャクソン・バワーズくん(4歳)は
生まれてすぐに、臨死体験をしたとか

生後1ヶ月の時に、インフルエンザを
こじらせ肺に穴があき、呼吸不全になる

4ヵ月後、ジャクソンくんは奇跡的に回復
2歳になった頃、病院での体験を話し
始めたと言います

生まれてすぐのこと、覚えていること
それ自体が不思議です

彼の心は体を抜け出し、医師や母親の
姿を見ていたそうです

娘が経験した時と同じです
5人に1人は、臨死体験をしていると言う

体外離脱と呼ばれる現象、天井付近から
その場に横たわっている自分の体や医師
たちの姿を見る

トンネルのような場所を通って、光輝く
美しい世界へと導かれる神秘体験もある

全米で注目を集めている臨死体験者
エベン・アレキサンダー博士

炎症による膿で、脳の血管が圧迫され
血液が流れなくなり、生命の維持に欠か
せない脳幹まで損傷した

脳の活動は止まり、生還できる可能性
2%と診断された

そんな状態の時に、臨死体験をしたと
言われる

脳が働いていない時にこの体験をした
脳と心は別の存在だ、と主張している

ケンタッキー大学医学部脳神経外科の
ケビン・ネルソン教授

神秘体験は人が長い進化の過程で獲得
した本能に近い現象ではないかと・・

臨死体験をしやすい人は夢を見やすい
脳を持っていることも分かってきている

脳の古い部分で、進化の初期段階で
生まれたものだそうです

神秘体験をする能力は人間にもともと
備わっていたもの、と言う研究者もいる

脳の仕組みになっているものかどうか
その理由は、最先端の脳科学でもまだ
わからないという

「ご縁と出会い」を書かれた矢作先生は
自分の経験と患者さんを見て、つくづく
感じるそうです、心(魂)と身体は別だと・

これからどう証明されるのでしょうか?
今後を、楽しみに待ちましょう
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/1574-f1bd682f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)