FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

映画「マイケルコリンズ」
スターチャンネルで「マイケル・コリンズ」
放映されていて、途中から観たのですが・

時間がなくて、映画を最後まで見ることが
出来ませんでした、とても残念でした!

アイルランドの独立運動家マイケル・コリンズ
彼の生涯を描いています

マイケル・コリンズをリーアム・ニーソンが
北アイルランド出身

キティ・キエルナンをジュリア・ロバーツ
ジュージア州アトランタ出身

エイモン・デ・ヴァレラをアラン・リックマン
父親がアイルランド出身

100年前のお話です、時代は1916年
イギリスからの独立を目指したイースター
蜂起の中でマイケル・コリンズ

中央郵便局でイギリス軍と交戦していた
蜂起は失敗に終わり、首謀者達は処刑
された人もいた

コリンズは弟と共に、刑期を終えたが
ゲリラ戦で、統治側の警察を悩ませる

ダブリン市警察のブロイ(仲間)から内部
情報を得て抵抗を続ける

リーダーとして頭角を現していきますが
イギリスから抵抗組織への締め付けが
強まっていく

イギリスとアイルランドとの戦いです
仲間のデ・ヴァレラらはアメリカ大統領に
支援を求めに行くが、交渉は失敗

コリンズはイギリスとの交渉団に参加し
英愛条約が調印されるが・・

条約の内容に同意できないデ・ヴァレラ
たちは議会を去り「共和国政府」を名乗る

コリンズは暫定政府の首相とアイルランド
国軍の司令官を兼任したが・・

共に戦ってきた仲間たちと決裂、内戦へと
発展していく

そして、アイルランド人の両派に多大な
犠牲が出た

この辺りまで見ました、どうなったのかな?
コリンズは内戦を終わらせるべくデ・ヴァレラ
に、会いに故郷のコークに向かうが・・・

1922年8月22日、待ち伏せを受け銃撃され
亡くなる、まだ31歳でした

アイルランドの自由獲得という困難な目標の
達成を賢明かつ大胆に推し進めたコリンズ

昔のフィルムも交えながら進んでいくのです
良く出来た映画、イギリスの歴史が良く分かる
今度は通しで観たいです

ニール・ジョーダン監督は、この映画で
ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞、受賞!

ジュリア・ロバーツは、とても綺麗でしたよ
何たって、20年位前の映画です、初々しくて

若くて魅力的!今がまずい訳ではありません
今ももちろん魅力的です

リーアム・ニーソンのコリンズは役にぴったり
素敵でした、雰囲気が漂っていました

コリンズはアイルランドで「偉大な人物」として
今も語り継がれている

現代はスコットランド(Scotland)が独立する
しない、今日が投票日、日本時間3時〜

スコットランド出身の前労働党、党首の
ブラウン前首相は反対!

俳優のショーン・コネリーさんは賛成とか
どうなるのでしょうか?

国旗は4つの国(カントリー)で、構成されて
いるなんて、知りませんでした

ブルーの色の部分がスコットランドとは?
独立賛成になると、その色がなくなるとか
イギリス国旗が変わってしまいますね

人間だって混ざり混ざって純粋な人なんて
いないのですから・・・・

細かく別れると、力が分散されますよ
豊富に埋蔵されている北海油田の利権も
絡んでいるようだし・・

日本時間3時から始まる投票の結果では
長い歴史の1ページが、変わるでしょうか?
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/1569-06101411
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)