FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

ニール・ドナルド・ウォルシュの著書
米国人のニール・ドナルド・ウォルシュ
「神との対話」の著者

1998年時点で、24か国語に翻訳され
何カ月も続けて国際的にベストセラー

小学生時代からの夢は、神父のような
聖職者になることがだった、という

考えられません、そんなに小さな頃から
聖職者になる夢?決めていたとは・・・

父親の反対でかなわず、マスコミ関係の
仕事、医学、政治などを経験

1992年のこと、テーブルに置いてあった
ノートに、人生に行き詰まり神に当てて
怒りや失望の思いを、書きなぐった

書き終えしばらくすると、ペンを持つ手が
自動的に、神の言葉を書き始めた

まるで口述筆記をしているようだった、と
のちに彼は述べている、ほんとうなの?

神の言葉が下りて来た、なんていう話は
ときどき聞きますが・・・何故?彼だったの
でしょうか?経験してみたいものです

彼は複数回の離婚、ホームレスや聖職者
などを経験、波乱万丈な人生でしたが・・

「自分の人生は、今のためにあった、と
気づいた」と、述べている

死後、魂は霊界に入る、魂の成長が
未完成の時は、魂自身の希望により

再び物質的世界に戻って、別の人間に
宿る

未体験、未完成な部分を、新しい人生を
通して成長して、完成させていく

死とは、魂が宿った身体から離れるとき
人間の身体の死はあっても、生命(魂)は

死ぬことはない、ただ形を変えるだけ、と
本来の自己とは魂そのものを言う

なるほど、人は様々な経験をして、魂を
成長させていくのですね

死んでもまた、この世で経験を積みたい
人は、また生まれ変わる

生まれ変わるのも自分で決める?
それとも、自分の意志で霊界にいる?
「神との対話」がないです、分からない!
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/1565-22ba63b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)