FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

哲学者 ジャン=ジャック・ルソーとは?
ルソーは哲学者、としか知らずに
深くは勉強はしていませんが・・

ある大学教授が書いたものが目に
留まり、読んでみると・・・・

ルソーは人類の未来社会として観察
したのは猫、理想とすべきは野良猫

だからルソーは洗濯女と(事実婚)
結婚をして10年で5人の子供をもうけ

野良猫の子が元気に育っているのを
見て、無病息災に健康に育つと考え
実子5人を捨てた、と言っても

道端ではありません、孤児院です
捨て子にした理由は、野良猫の世界
には医師も病院も薬もなくても育つ

それで人類の社会から病院・薬・
医者の抹殺を考えたようですよ
それが「人間不平等起源論」?とか

こんな記事を読んで、驚きました!
ルソーって、こんな人なの?

重度の分裂症の幻覚(妄想)と幻聴が
人生だった?

自分が、父親になる自信がないので
5人とも孤児院に入れたのでしょうか?

知らなかった!子供を捨てたことは
ウィキペディア(Wikipedia)にも
書いてあり、事実なんでしょうね

中学校・高校の教科書で、ルソーに
ついて、真赤な嘘を教えている国

それが日本だ、と大学教授が言う
この内容を知り、これも驚きました!

「人間不平等起源論」の骨子は
「文明社会は不幸を招く社会であり

幸福のためには野蛮で未開な社会へと
「進歩」しなくてはならない」

人間は荒野の一匹狼ならぬ、荒野の
一匹蛇、のような生き方が最も理想
状態である、と言う

まだまだ先があるけど、このくらいに
して置きます

考え方はいろいろですから、他の人の
考えも読まないと、偏りますね

ルソーは現代でも教育学の名著として
読み継がれる「エミール」書いた人
だそうですが・・・

教育思想家として歴史に名を残す偉人
それも事実、父親としては無責任、と
言うのも事実、矛盾してますね

6歳でお母さんが亡くなり、お父さんも
無責任な親、寂しい幼年期を過ごした

人生は、幼い頃の環境が影響します
父との接点が薄いので父親像が描けな
かったかもしれません

その後、5人の子はどう育ったのだろう
父親と同じように子供を捨てた訳だから
堂々巡り、その後が気になりました

アマゾンでルソーの本を注文!
もう少しルソーのこと、知りたい気持ち!
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/1551-a0f7fe47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)