FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

矢作(やはぎ)直樹先生の本
東大病院救急部・集中治療部長の
矢作(やはぎ)直樹先生

年間3000人もの患者が集中治療室で
治療を受けているそうです

生と死が、隣り合わせの集中治療室
日常的に多くの「死」に立ち会い

助かりそうな人が突然亡くなったり
死にそうな人が奇跡的に回復したり

人間の生死に理解を超えた「何か」が
働いているのではないか、と、思う
ようになった、とか

心臓の手術で集中治療室に今まで3回
入りましたが、苦しくて、一日が
長かったことを、思い出します

兄弟3人、私で4人、元気だった弟
2人は、早々にお迎えがきました

何か、不思議に感じていましたが
先生の本に出会い、考えさせられた

「人は死なない」「ご縁とお役目」 
「いのち」が喜ぶ生き方」

「気をつかわずに、愛をつかう」
宇宙愛について、矢作先生と白井
剛史さんの対談

この本は内容はともかく編集、構成
デザインが、もう一つのように思う

今「おかげさまで生きる」を読んで
います

つながりを切らずに、しがらみを切る
生きていくために必要なのはつながり
人は魂でつながっている

良いも悪いも、つかんだら、手放す
なるほどね、言い話が載っています

「ご縁とお役目」この本は、構成も
文字もスッキリ、なかなか良く出来た
本です
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/1545-b8f13583
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)