FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

アポトーシスとネクローシス
生物細胞が死に至るパターンには
一般的に、アポトーシス(自然死)と
ネクローシス(壊死)の2種類がある

アポトーシスは個体をより良い状態に
保つために、積極的に引き起こされる
管理・調節された細胞死

静かに周囲の細胞に迷惑をかけず
死んでいく、自殺とも言われている

オタマジャクシからカエルに変態
する際に尻尾がなくなるのや・・・

手の指の形成などは指の間の細胞が
アポトーシスを起こし消失したり・・

パーキンソン病などの神経の難病は
神経細胞が、アポトーシスによって
死んでしまうことで発症するらしい

様々な制御された細胞の崩壊が起こり
マクロファージによって消化されます

マクロファージは白血球の1種、死んだ
細胞や破片、体内に生じた変性物質や

侵入した細菌などの、異物を捕食して
消化、清掃屋の役割を果たしている
貪食細胞(むさぼり食う)

癌化した細胞や内部に異常を起こした
細胞は、アポトーシスで取り除かれ
腫瘍の成長は、未然に防がれている

ネクローシスは無秩序な細胞の崩壊で
周りに炎症を起こし、広範囲な影響を
及ぼす

血行不良、外傷などによる細胞内外の
環境に悪化によって、起こる細胞死

脳梗塞や心筋梗塞で、血管が詰まる
病気でも起こる

ガン組織でもネクローシスが起きて
いると、考えられている

最近、遺伝子を操作しアポトーシスを
抑えるとネクローシスのきっかけに
なることも、分かって来た

細胞死は周りに炎症を起こす物質を
まき散らしたり、細胞の増殖を促す
物質を分泌したりする

これはガンを治療する時に、大きな
問題になる

放射線でガンを殺しても細胞の増殖を
促す物質が、分泌されることで取り
残したガンが増えてしまう恐れもある

様々な病気に係わる細胞死が生体の
内部でどんな役割を果たすか?

その解明が進んで、新しい治療法が
開発されれば、様々な病気を治すこと
出来るようになる、期待してます!
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/1491-b63e7d9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)