FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

オ−ドリー・ヘプバーン
オードリー・ヘプバーンとグレゴリー・ペック
「ローマの休日」

歯医者さんの診療の椅子は3台、1台づつ
テレビを備えて、ローマの休日を流してます

治療に支障がでるので音は出していません
でも、字幕が読めますよ

口を開けて治療してもらいながら見入って
しまう、ヘプバーンは可愛いですね

彼女の母親はフリース人の血を引いている
ゲルマン人の中でオランダとドイツの北海

沿岸フリースラントに居住していた民族
体格ががっちりして背が高く、薄い金髪
母親は、男爵婦人の称号を持っていた

最初の結婚は俳優のメル・ファーラー
プロデューサーで監督、知ってますよ

グレゴリー・ペックの紹介で二人は出会う
彼は4度目の結婚、10歳以上歳も離れている

小さい頃にオードリーは父親と離れて暮らし
寂しい思いをしたようなので・・

同年代にはない包容力に引かれたのでしょう
1954年結婚、1960年、長男が生まれたが・・

1968年に離婚、原因は彼の女性関係
2度目は精神科医アンドレア・マリオ・ドッティ
イタリア人、1970年に息子をもうけたが・・

この結婚も女性問題で、1981年に離婚
どこでもかしこでも、夫の浮気が原因ですね

次は8歳年下の誠実なロバート・ウォルターズと
出会います

オードリーの2度の結婚を、最後まで反対した
男爵婦人の称号を持つ母も、気に入ったとか

幼い頃から願っていた、いつまでも変わらない
愛情と、温かで平和な家庭をやっと手に入れた

ユニセフ親善大使として活動したオードリーの
晩年はロバートが支えつづけたそうです

1993年1月、息子ショーン・ファーラーと
ルカ・ドッティとロバート・ウォルターズ

愛する男性3人に看取られガンでこの世を
去りました

子供が欲しかったヘプバーン、2人の息子を
授かったし・・・

理解ある優しい男性ロバート・ウォルターズ
にも出会って、最後は幸せだったでしょう

良かった!オードリーは愛情と笑いに満ちた
家庭と子供達、それが生涯の夢だった、とか

でも、63歳で亡くなったのは若すぎますよ
オードリーの映画、もっと観たくなりました
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/1429-6e300174
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)