FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

生命の営みもリサイクル
ユビチキンとは?76個のアミノ酸から
なる、小さなたんぱく質

不要なたんぱく質の除去、DNA修復
シグナル伝達など多彩な機能を持つ

ユビキチンと、対になって働くのが
プロテアソーム

たんぱく質を取り込み分解する酵素
不良品の目印になるのがユビキチン

至る所に姿を現わすことをユビキタス
(ubiquitous)というのでこの名前が
ついたようだ

1980年代にイスラエル工科大学の
アブラム・ヘルシュコ教授らが発見
2004年ノーベル賞を受賞した

酵素はふつう特定のたんぱく質しか
破壊できないけれど・

プロテアソームはユビキチンさえ
くっついていればどんなたんぱく質
でも、取り込んで分解する

プロテアソームの実態を解明し命名
したのが、都医学総合研究所の田中
啓二所長

研究が進むにつれ、プロテアソームは
細胞の増殖など生命の根源的な営みに
欠かせないことが分かった

この分解系のシステムが、破綻すると
様々な病気になるのです

神経細胞に異常なたんぱく質が蓄積
すると・・・

パーキンソン病やアルツハイマー病に
なります

DNA修復がうまく働かず、紫外線を
浴びると、皮膚ガンや素性乾皮症ガン
などにもなりやすい

ユビキチンとプロテアソームによる
たんぱく質の分解が、生命活動の場で
大切な役割を担っている

ユビキチン活性化酵素ーユビキチン
結合酵素ーユビキチンリガーゼ

この3つの酵素によるリレー反応で
すべての生命活動は無駄なく分解され

再度リサイクルされて別のたんぱく質
分解に再利用される仕組みです

廃棄物処理だけに、働く脇役ではなく
必要な時に必要なたんぱく質を働かせ

生命活動に不可欠な、環境にやさしい
システムなのです

身体の中、せっせとリサイクルしてる
身体の外、地球もせっせとリサイクル
しなくちゃね!
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/1391-af7c598e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)