FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

季節が変わり、秋に感じる心は?
宮内卿(くないきょう) (新古今和歌集)

思ふこと さしてそれとはなきものを 秋の夕べを 心にぞとふ

藤原良経(ふじわら の よしつね) (秋篠月清集、新古今和歌集)

おしなべて 思ひしことの数々に なほ色まさる 秋の夕暮れ

秋を思う2首、女性(宮内卿)と男性(良経)の歌
載せてみました

宮内卿は、鎌倉時代初期の歌人
さして、そんな物思いすることなどないのに、と
心の中の動きそのままに詩っている

20歳にならず亡くなった、天才女性歌人、宮内卿
秋を思う彼女の素顔が浮かんでくるようです

藤原良経、九条良経(くじょう よしつね)とも
公家、政治家、摂政太政大臣、歌人
彼は鎌倉時代に、70歳過ぎまで長生きしました

これまで、数々の物思いをしてきたけれど
秋のこの日の夕暮れには、それにもまして

さまざまな思いが、心に押し寄せてくる
目前にしている紅葉の色彩のように

この2首は秋の色彩と心の情趣を重ねている
先日、観光ではありませんが、京都日帰り

まだまだ、色まさる京都ではなく、11月も
中旬にならないと、こういう気分には・・

女性は「思ふことさしてそれとはなきもの」
男性は「おしなべて思ひしことの数々に」

この2首、女性と男性で秋に対する心の違い面白い!
と、思いました

でも秋は思いがあってもなくても、そういう気分に
なるのはみんな同じですね

F1001571.jpg

何年か前、近くの公園に落ちていた桜の葉を
拾い写しました、きれいでしょう

整理していたら出てきました、去年はきれい
ではありませんでした、今年はどうでしょうか?

紅葉にはあと、1ヶ月はかかりますね、楽しみ!
秋が来た、と思ったら、もう寒い、おお寒い
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/1240-1fb7788f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)