FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

さまざまな再生医療で救われる
iPS細胞を使い目の難病を治療する
臨床研究が、2014年夏にも始まる
ことが決まったようです

良かった!病気が治る!という
記事を見ると引き込まれてしまう

日本の再生医療分野では、すでに
薬事承認を得て実用化している
商品もあるとか

やけど治療向けの自家培養表皮
「ジェイス」

重症のやけどを負った患者から
1平方センチメートルの正常な
皮膚を採取して

工場で3週間培養、8cm×10cmの
シートを20枚作り移植する

再生医療ベンチャーの(J-TEC)
ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング

小澤社長は、2015年度に売上高
約27億円、黒字化の達成を目指す!と

軟骨細胞には、血管がないため
損傷すると治りにくく、根本的な
治療法はなかったのです

「自家培養軟骨ジャック」のお陰で
軟骨欠損治療、膝関節の外傷性軟骨

欠損症と離断性骨軟骨炎の治療が
可能になりました

この方式で数多くの軟骨再生治療を
行い、ほとんどののケースで

修復部分は、周囲の軟骨組織と
ほとんど見分けがつかないほど回復

これからiPS細胞を活用した医療に
つなげられるよう取り組みたい、と
社長は語った

修復が出来なかった部分が、再生
できるなんて、素晴らしいことです

「ジャック」の保険適用も決まった
そうですから、ホッとしている人が
いるでしょうね

先日も肝臓のことはブログに書いた
ところですが・

臓器も自分の細胞で作れるように
なりつつあります

今、闘病している方々も、身体を
大事にしていれば・・そのうちに・

医学の進歩で救われた人間なので
研究が進むことは、本当に嬉しい!

山中先生はじめ、全世界でさらに
研究が進み、闘病している方々が
救われることを祈リます
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/1141-665633f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)