FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

朝日を浴びるといいことがある!時計遺伝子
1日は24時間ですが、体内時計は
1時間長く、25時間が1サイクル

朝日を受けることで身体は活性化
体内時計が、1時間早くリセット
されるそうです

逆に朝の光を、いっさい浴びないと
体内時計は、25時間のままなので
生活のリズムがずれてくる

体内時計の中心は脳にあり中枢時計
抹消時計の2種類に分けられる

中枢時計は、光の刺激に影響を受け
抹消時計に指令を出す

朝日を浴びてリセットされ、15時間
経つと、睡眠を促すメラトニンを分泌

副交感神経優位となり、リラックス
眠りにつきやすくなる

生物(ヒト、動物、植物、細菌)が
もつ時計の仕組み

遺伝子やタンパク質が深く関わる
体内時計の季節や1年のサイクルは
生物の行動に深く関係する

例えば睡眠、ホルモンの分泌、体温
鳥や蝶の渡り、セミの羽化、植物の
開花などなど

それと渡りの方角決定など、この
リズムを生物はどうやって知る?

太陽の光が有力な判断基準ですが
光のない環境でも、周期を生物は
知っている

生物の種や個体ごとに、遺伝子が
違うのに何故、共通のメカニズムが
あるのでしょうか?

末梢時計遺伝子は肝臓、肺、腎臓
心臓、筋肉などに、存在していて
食事と重要な関係があり

食事をすると脳や臓器の抹消時計に
直接指令がいきます

朝食が肝臓の時計遺伝子をリセット
重要な役割を果たしている

朝食は質と量が大切、マウス実験では
量が少なすぎると体内時計をリセット
出来なかったらしい

朝は野菜ジュースだけではダメ!と
言うことのようです

リセット効果が高い朝食の栄養素は
炭水化物だとか

脳のエネルギー源にはグルコース
朝食は海馬のグルコース量を増やす

肥満の人でも、朝食を欠食すると
肝臓のグリコーゲンが減り

筋肉を取り崩してでも、グルコース
代謝を行い、脳の活動を維持する

グルコースとは何ぞや
人間を含む、動物や植物が活動

するためのエネルギー、ブドウ糖
糖の一種、代表的な単糖の一つ

病気にならず、元気に暮らせるのは
朝日を浴び、朝食を摂る

早起きは三文の得と言いますね
早寝早起き、得が一杯ありそうです
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yoshiko152.blog44.fc2.com/tb.php/1095-a462e6f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)