FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

富士フィルムが開発した化粧品
富士フィルムが2007年に発売した
化粧品「アスタリフト」が大ヒット

現在ではスキンケア化粧品分野で
業界トップ5です

2012年に肌のシミやシワに効果が
ある抗酸化成分「アスタキサンチン」

化粧品に安定的に含有させ、分解を
抑制する製法で製品化

「アスタリフト化粧品」を製造販売
そして2014年に特許を取得した

ミッドタウンの六本木通り沿いの
1階に大きな店があります

DHCがその後、富士フィルムの約
1/3の価格で「アスタキサンチン」
含有の化粧品を製造販売

2015年、富士フィルムはDHC側へ
製造販売を差止め及び1億円の損害

賠償を求める仮処分命令の請求を
東京地裁に起こす

アスタリフトを盗んだDHCが本家
から待ったがかかったわけですが・

しかし、東京地裁は請求を棄却する
判決を言い渡す

DHCは「当社の主張が認められ、大変
満足している、裁判所の判決のとおり

富士フイルムの特許は明らかに無効と
考えている」(広報)とコメント

一方、富士フイルムは「地裁の判決は
不服、判決内容の詳細を確認した上で
速やかに控訴する」とコメント

富士フィルムは、納得いかないですね
化粧品業界では常識になかった赤色の
化粧品

販売する頃、見本が送ってきました
富士フィルムが?何故?化粧品なの?
大丈夫かな?と思い使いませんでした

でも、松田聖子と小泉今日子を起用し
テレビCMの大ヒットで成功させた

富士フィルムは納得できずに控訴した
ようですが、その後はどうなったの?
知りません

「ナノテク」や「ナノ化」の化粧品なので
使うのは、納得できませんでした

「ナノ粒子」は分子をミクロ単位にして
肌に吸収させるという技術です

「ナノ化」なら「肌の内側までしっかり
浸透して良さそう」と思いますが・・・

微粒子すぎて肌に密着するだけでは
なく、吸収されて脳や肺に入り込み

臓器を傷つけ、発がん性が疑われて
いる

化粧品には多くの様々な化学物質が
含まれ、安全かどうか分かりません

今はナノ粒子を使っていないメイク
用品を探すのは大変、難しい

世界でナノ粒子は「第2のアスベスト」
とも、言われ、欧州を中心に規制の
動きも出てきているようです

塗れば塗るほど、問題が起きるかも
しれません

原料を確認して石油系のナノ化された
ものは極力、排除するのがいいですね