もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

今年も子育て 
強い雨が降っていても朝一番、スズメが
ドアに足を掛け、えさを催促です

撒いて下さい!と電線に止まり待っている
数えると10羽ほど、分かった!分かった!

慌てて、もちキビを撒く、もちキビがお好み
美味しそうに、ついばみ、早々と飛び立った!

一足遅れて、つがいのスズメがやって来た!
雨の中、餌があるかな?と、やってくる

去年このベランダで親から餌をもらった子?
体は小さい、胸のところ黒い部分が少ない

生まれてすぐは胸というか、首の下というか
黒くなくて、月日が経つうちに黒くなる

その色を見てまだ、若い!もう大人だね!と
去年、スズメの子育て、見せてもらった

母親が子供の口に、餌を運ぶ姿は微笑ましい
見ていると笑顔が溢れる、愛情の強さを

親はこうあるべき!と、見せつけられる
また、今年も子育てが始まろうとしている

ヒヨドリや鳩が餌を狙う、助け舟を出すよ
餌を探すのは大変!一日一回、二回でも

助かるね!と思いつつ今日も撒いている
糞が汚いよ!と家族に文句を言われながら
フリーマーケット
青山の国連大学広場で、青森の商品
林檎ジュースやイチゴ、オーガニックの
野菜などを販売していた

毎週土・日にフリーマーケット
開催されているそうです

スーパーで目にする3倍の大きさのシイタケ
白菜、大切に育てられた野菜達が並べられて

シイタケ買いました、美味しかった!
ジュースは6本セットで送って頂きました

真っ黒なにんにくがあり、食べさせて
頂いたら、甘くて美味しくて驚き!

健康にいい!と勧められた、少々ですが
買いました、健康という言葉に弱いです

黒のひみつは、熟成発酵、生のにんにくを
発酵させると、黒くなるんですって!

黒ビールと同じ、メイラード反応!
抗酸化力の強さは、生にんにくの約10倍

ポリフェノール、無臭にんにくの約10倍
青森県は国内産の約80%を占める日本一の
産地だって!知りませんでした!

温度差が激しい田子町、夏は37度、冬の
寒い時期はマイナス20℃になるとか

温度差と有機肥料栽培が糖度を果物並みに
アップ!エジプトのピラミッド建設で
労働者が食べていたそうだ

ようし!元気になるぞ、1日1~2片を
食べて、ら~くらく!これで長寿だね!
新しいレーザー治療器
先日の新聞に心房細動の
レーザー治療の記事!

不整脈の一種の心房細動
光を使い治療する医療機器開発!
従来のより副作用軽減!とか

治療機器は外資メーカーで
輸入がほとんどです

慶応義塾大学発ベンチャー
アライ・メッドフォトン研究所

日本製の治療機器がない!
状況を打破したい!と意気込む

心房細動とは心房内で不規則な
電気信号が生じ心房が小刻みに
震える症状です

血液が心房の中で血液が滞り
血栓が起きやすく、脳梗塞を
引き起こす原因にもなる

頻繁に不整脈が起きる患者は
特殊なカテーテルを血管内を
通して心臓に挿入し

異常な電気信号を伝える肺動脈
付近の心筋を高周波で焼き切り
症状を抑える

高周波カテーテルアブレーション
と呼ぶこの治療の効果は凄い!

経験者だからよく分かります
5時間、かかりました

脈が1分間に300以上打つので
それはそれはきついです

発作が起きると後が大変!
救急車で運ばれた事もあった

心筋をセ氏60~70度に熱して
行なうため心臓が充血して
合併症が起きる可能性がある

慶大の荒井恒憲教授は考えた
ガン治療を応用すれば
高熱にならずに焼き切れる!

肺ガンや子宮がんの治療で
光を当てると活性化する
薬剤を患者に投与して

微弱なレーザーを照射する
焼き切る手法がある!

新しいレーザー治療器の
開発を目指していた教授

研究対象を心房細動に切り
替えて開発!

ブタを使った実験で確かめ
ベンチャー設立に踏み切った!

欧米の医療機器メーカーから
開発提携を持ちかけられたが
国内メーカーとの提携を模索

日本の技術がドンドン進めば
心疾患を持っている患者には
とても、有り難いことです

ペースメーカーや心臓血管の
詰まりを防ぐ、ステントなど
大半が欧米メーカー製!

そうそう、私が受けたのは
8年ぐらい前ですから・・

苦しい!何とか楽にして!
大学病院でさえ機器はない

どこにでもあるわけではなく
借りる!と言ってたなあ

一日も早く、日本製が準備
出来るといい!

製品化には数年か10年前後の
時間を要するって書いてあった
随分、時間が掛かるんですね

患者は国内に約100万人
世界では数千万人いるとされる

日本のメーカーの機器で
世界の患者を助ける!

な~んてことになったら
凄いですねえ、夢ですねえ

こういう研究に税金をかける
なら分かるんだけど

独立行政法人の天下りや
役員退職金じゃ納得いかない
冷たい夏、熱い夏
吉村昭の長編小説、毎日芸術賞受賞作品
助け合い支え合ってきた、兄と弟

妻たちでさえ、入り込めない強い絆で結ばれ
著者の弟が肺ガンに冒され、死に至るまでの
闘病記録

細胞が体を蝕んでいく、ガンの恐ろしさ!
兄さん!ぼくにだけは嘘をつかないで、と

その兄が弟や周囲にガンであることを
隠し通す、苦痛を和らげるモルヒネを
打つが、中毒化していく

ほとんどの時間、幻覚か苦痛状態になる
希望を少しでも持たせ、嘘を突くのが
正しい?

本当のことを言うのが、正しい?
兄の妻の言葉!あなたは恐ろしい人

もし私がガンになった時、ガンじゃないと
あなたが言っても、決して信用しない

長兄がガンだった時も隠した、そのことを
弟も知っていた

死の1カ月前から、著者は葬儀の
段取りを考えて、弟を助けたい!と思う
一方で、葬儀社に打ち合わせに行く

自分の母親が、肝臓ガンで入院して
亡くなった時、私も本当の事が言えず
肝硬変と言い続けた!良く良く分かる

兄(著者)の最期は、点滴のチューブを
外し、首に付けていたカテーテルも外し
「死ぬね」と言ったと言う

生きたい!誰だってそう!一年近い
壮絶な闘病記は、読んでいて辛かった

誰でも、生まれたときから、死に向かい
時を刻んでいる、考えさせられる本です
花びら舞う
朝から気持ちのいい天気!ドンドン気温が
上がってついに、Tシャツ1枚に!

近くの公園の地面は、サクラの花びら
びっしり、小さな子供たち、走って走って
走り回って

ヒラヒラ落ちる花びらを帽子で集めて
大喜び!

幸せそうな子供たち、小鳥たちも花を
ついばみ、ピーピーピーチュク

遠くより眺め笑顔になる、太陽いっぱい
気分爽快!

明日はまた寒くなると言う、今年の
サクラも最後かな?
映画シャッターアイランド
映画、シャッターアイランド
監督はマーティン・スコセッシ

ボストン沖の孤島に建つ犯罪者用
精神病院!

1954年、鍵のかかった病室から
1人の女性患者が消えた

捜査のため島を訪れた米連邦
保安官のテディと相棒のチャック

レオナルド・ディカプリオに
マーク・ラファロ

部屋には「4の法則」と書かれた
謎のメッセージ

謎を追ううち不可解な出来事に
巻き込まれていく

テディの本当の目的は妻を殺した
放火魔に復讐すること

血まみれの人、廃墟の灯台
不思議な出来事が、次々に起きる

保安官が精神病患者にされ孤島から
出られなくなる?心配になったが・・・

スコセッシとレオに完全に騙された
結末には驚かされた!複雑すぎる
内容でしたが楽しめましたよ!

音楽が良かった!あの音は何か
が起きそうな予感!引き込まれる!

ディカプリオの演技が凄い!
日本映画と違い、迫力が本物!
って感じですね

人の心をどんどん引っ張っていく!
見応えのある映画でした

いつも、思う事だけどどうやって
作り上げる?映画って、いいなあ
鎌倉
サクラの季節なのに、雨、雨、雨が続く
良かったなあ!今日は晴れた!

鎌倉に住んでいる友達に連絡を入れる
お墓参りで霊園に行くので会いたい!

いつもランチを一緒に頂き、彼女の家に
お邪魔します

横浜で、JRに乗り換え、いざ、鎌倉!
ホームに電車が来る、慌てて飛び乗る

ドアが閉まります!とアナウンスが流れ
急いで飛び乗る!乗った瞬間、えっ!
なに!やだ!慌て者なんです

反対方面の湘南新宿ラインでした
次ぎは〜武蔵小杉、だって!また
逆戻りじゃないかあ

ドジ!ああ、情けないなあ
まっ、仕方ないや!諦める、友達に
メールを送る、遅れます、と

あああ、着いたら乗り換えなくちゃ!
武蔵小杉には下りたことないのです

立派なホーム、エスカレーターで下へ
反対側に逗子方面が来る!

すぐに来ました、良かった!慌てて
ホームへ上がる、さあ、鎌倉へ!

失敗したけど、ついている、ポジティブ
ポジティブ!

鎌倉駅は着くと観光客でいっぱいです
タクシー乗り場も人、人、人

きっと、鎌倉霊園もさぞや!と思いきや
いやいや、とっても静かでした

サクラ並木は満開で見応えあり、綺麗!
思った通りでした

ここは穴場ですぞ!やっぱり春はサクラ
心晴れ晴れ、幸せ気分、世の中、不景気
でも笑顔で墓参りができました

友達に刺身定食のランチを食べに連れて
行って頂き満足です、美味しかった!

小窓から見えるカイドウも可愛かった!
八幡宮の倒れた大イチョウ

人混みをかき分け、見学した
友達はイチョウが折れて淋しいって!

住民にとって、イチョウは宝です
新しい芽が幾つも出ていた、良かった!

倒れても立ち上がる生命力の強さは
見習いたいものですねえ

天気よし!サクラも見た、墓参りもした!
イチョウの新芽も見た、友にも会えた
ラッキーでした
忘却の河
3冊買ったうちの1冊「忘却の河」を読んだ
一つ一つ短篇でありながら,最終章の7章で
見事に完結

素晴しい長編小説で良かった!感激した
昔、愛する女を死なせてしまう、自分が
生きていることは罪?という思いを持ち

生きている会社社長の藤代、その心を
理解出来ず、冷たい夫との愛のない生活

寝たっきりになっている妻、母親の介護で
婚期を逃し、妻子ある男に惹かれる長女

自分の出生に、疑惑を抱き愛情を求め
得られない次女

すれ違う家族の、それぞれの心理が
描かれる構成は凄い!

孤独と愛、そして死!この家族に託し
追求する

妻の過去が明らかになった場面は驚き!
絶版だったそうだが2年前に復刊したとか

40年前の小説なので今の若い人に理解
出来るかは?

しかし、真摯に悩む姿は人間の心の問題に
興味ある読者は胸を打つのでは?

最終章で彼女の思い出を決して忘れない!
と誓い、30年間、自分を苦しめてきた罪の
意識から自由になる

人はみんな死すべき運命!孤独であるが
ゆえに、愛し愛するがゆえに、孤独に陥る

悲しみの中で、もがく人間の姿を伝えている
小説はもっと重い場面もある

口減らしのために、殺されていった幼子の
命が流れる「川」

「忘却の河」は三途の川、生きていた頃の
罪を背負い、その罪の意識と共に生きる

この生真面目さが好き!草の花も読もう
池澤夏樹(息子さん)の本も読んでみたい!