もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

映画フィクサー
新人監督の作品が今年のアカデミー賞で
7部門にノミネートされ、話題となった

フィクサー、予告編を見て、是非!見たい!
マイケル・クレイトンは(ジョージ・クルーニー)

N.Y.最大の法人向け法律事務所に勤務する
エリートスタッフだが弁護士ではない

隠された罪のもみ消し屋、元検察官のマイケル
マーティ・バック(シドニー・ポラック)の
要請により、事務所内の最も汚い仕事を受け持つ

全米を揺るがした3,000億円の薬害訴訟
製薬会社が有利に解決しょうとしていた

同僚弁護士アーサー(トム・ウィルキンソン)は
訴訟を覆す恐るべき秘密を握っていた

製薬会社の法務部本部長カレン・クラウダー
(ティルダ・スウィントン)は追い詰められ

非情な手段に、アーサーは死体で見つかる
マイケルは事態の収拾に乗り出すが

不審な死に疑問を持つ、巨大な陰謀に自らも
巻き込まれていく

アカデミー賞ほか、数多くの映画賞に
ノミネート及び受賞、社会派サスペンス

土曜日の朝10時半は穴場です
席はガラガラで、リラックスできる

派手な映画ではないが出だしが面白い!
構成も良くスリルあり、楽しめましたね

脚本家だそうで新人監督トニー・ギロイ
ジョージクルーニーは主演と製作総指揮

トム、ティルダにシドニー
出ている俳優すべて素晴しい!

うまいなあ!さすがお見事!魅力あり!
迫力あり!映画って最高!

朝の天気予報は今日一日、晴れって
言ってたのよ

外に出ると雨、あらあら洗濯物が
さあ、家に帰ろう!さあ、洗濯のやり直し
判決
1994年4月、山口県光市の本村洋さん方で
弥生さんと夕夏ちゃんが殺害された

23歳の奥さんと11ヶ月の娘さん
自分の犯した、罪の深さと向き合うことを
放棄して、死刑回避に懸命になり

遺族への謝罪は表面的、差し戻し審での
態度は反省、謝罪とは程遠い

反社会性は増進した、と18歳になって
間もない少年であると考慮しても極刑は
やむを得ない

楢崎裁判長は被告人を死刑に処す、と
本村さんは判決後、すべての疑問を
解消してくれたすばらしい判決文

言葉にできない万感の思い、2人の墓
前に早く報告をしたい、と

死刑判決は決してよいこととは思って
いない、胸を張って死刑を受け、自らの
命をもって罪を償ってほしい、と

いつも思うのですが、何の関係もない
人間を自分の都合で殺しても

弁護士が付いて助かる?
嘘を並べて命乞い!それは酷いです

この判決でやっと本村さんも救われた
幸せに暮らしていて、突然、命を奪われる

堪え難いことです、どんないい訳も通用
しない厳しい対応は、大切なことです
韓国の大統領
李明博(イ・ミョンバク)韓国大統領
来日、福田首相と会談した

2004年から中断!日韓経済連携協定
交渉再開に向けて合意!

初めての、日中韓3国の首脳会談を
年内日本で開くことで一致!

北朝鮮の核問題は日米韓が緊密に協力
核放棄を求めていく

物事が前に進んで、滞っていたものが
さらさら流れ、爽やか

記者会見で、大統領は両国の過去を
直視し、共同のビジョンを持ち
未来に向かって、と

時代が変わる予感!やる気と誠実さが
伝わり胸がジーンと

批判ばかりでは、平穏な未来がこない
若い人達がどんどん交流できるように

大統領は規制緩和や法人税引き下げなど
企業が活動しやすい環境に、変貌すると
語り、米国企業に投資をと

社長、会長の経験者、さすが営業マン出身
世界で一番開放的で、企業に親和的な
環境の国になると強調していた!

李大統領のような、前向きなセリフが
言える日本の政治家がどこにいるの?
嵐が!
昨日はすべてが吹き飛んだ
夜中からのどしゃぶりの雨

いい加減止むかと、思いきや
ゴミ出しの時はまだ良かった

もう一度捨てに行った時は
急に雨と突風、傘をさしても

びしょ濡れで、近所の人が
犬二匹と大弱り

満開の花水木も飛ばさないで!
と、必死に耐え

ララを抱き上げ、ほら見てご覧!
林檎の白い花もがんばってるよ

大きな木の枝も激しく揺れて
不思議そうに、外を眺めるララ

濡れるの嫌いな、あなたは
きっと歩かないよね

風が収まったら散歩に行こう!
ね、ララちゃん!
四月歌舞伎
昼の部は 
一、本朝二十四孝 二、熊野(ゆや) 三、刺青奇偶

演目の読み方は難しい、奇偶にはちょうはんと
仮名がふってある

本朝二十四孝(ほんちょうにじゅうしこう)
姫君の一途な恋で、義太夫狂言の名作

華やかな顔ぶれで、武田勝頼を橋之助
八重垣姫は時蔵、腰元の秀太郎、自然な演技

長尾謙信を我當、他に錦之介、團蔵
熊野は玉三郎、七之助、仁左衛門、錦之助

平宗盛(仁左衛門)の愛妾、熊野(玉三郎)の
母親が病に

手紙が届き帰国を願うが、宗盛は許さない
従者(錦之助)や朝顔(七之助)連れて花見に

出かけるが悲しむ熊野の舞を見て、哀れに思い
帰国を許す、能をもとにした長唄舞踊、優雅な
舞で素晴しかった

刺青奇偶は内容は暗いが、勘三郎(半太郎)
玉三郎(お仲)いい味、出してました

ヤクザの親分の仁左衛門、一緒に行った友達が
ポツリと言う、追っかけやろうかしらと

格好がいいし見栄えもいい、ホレボレしちゃう!
筋はまあまあですが

舞台も終わり、出口に向かっていると
人混みから面白くない!と言う声聞こえてきた

厳しいお言葉ですが、ばくちも最後の最後まで
辞められない半太郎

お仲は死にそうだし、ばくちから足を洗って
病気も治って万万歳!

半太郎を捜している両親にも会えて万歳!
じゃないと、観ているこちらは晴れ晴れしない

最後ハッピーエンドなら、盛り上がったかも?
最後のまとめ、尻切れとんぼだったのは確か!

長谷川伸、作だけど、演出がまずかったのか
セリフが聞き取れない人、声が通る人
それぞれいろいろ、こんなものよ、いいほうじゃない?
ツグミ?
春先から気になる鳥が、向かいの
農家の柚の木によく来ていた

公園の桜にも、つがいで花をついばみ
どこにでもいるグレーで目立たない

鳩より小さく、雀の2倍あるかな
公園を掃除しているおじさんは・・

ツグミではない?よく分からないけど
ネットで調べたが、実物と写真が違う

再度目を凝らし確認、やっぱりツグミ?
う~ん、分んないなあ

ヒヨドリかも?でも、少し小さいね
みかんやりんごが、好きらしいし

鳴き声もヒヨドリならヒ~ヨヒ~ヨ
だからヒヨドリという名前がついたとか

ツグミとの違いは、聞き分けられない
どっちも渡り鳥

北からあの小さい体で海を渡るのです
鳥たちは偉いね、鳥図鑑で観察しよう
イタリア生まれの柑橘
イタリア生まれの愛媛育ち
八幡浜で苦労の末、愛情かけて
育てた、タロッコオレンジ

テレビで紹介され売り切れ続出!
たまたまネットで見つけた
最後!という文字が目に入る

柑橘好きなら、一度は食べてみたい!
と思うのは誰しも?

カゴに入れる!プッシュして注文
今届きました!想像以上と言いたいが

食べたことがなく、知らなかった
評価は?う~ん?

皮は手でむく、そう思っていた
なに、これ!やだあ、むけない

半分に切って果肉を見て驚いた
赤と思っていたが、えんじ
黄色も混じり、気持ち悪い

絞って飲むしかない、それには
値段が高いすぎる

5キロで6000円、送料、代引き
手数料、税金、合計7415円!

飲んでみて驚いた!この美味しさ
見た目と違う

甘くてジューシーでなかなかいい
赤い色素はサクランボ、ブルーベリー
と同じ、天然色素アントシアニン

ビタミンCも一杯で、シミにバッチリ!
外で飲んだと思えば安いものだわ

考えようよ、知らないとは怖いもの
最高のジュースでした!
花むしろ
はらはらと舞う、花吹雪
地面に散って、花むしろ
川面に浮かび、花いかだ

風に舞う花吹雪に地面に散り
敷かれた花びらが花むしろ

川面に浮かび連なるのは
花いかだ、いろいろな言い方

桜は日本人の魂を揺さぶる
すてきな言葉を残してくれた

風流な先人に、頭が下がる
日本人に生まれて良かった!
鎌倉
穏やかな散歩日和、人で一杯の鎌倉
友達と、久しぶりに会う約束!

自由が丘から横浜で乗り換えて鎌倉へ
駅で待ち合わせて、ランチはどこで?

春の陽射しに誘われて、人で溢れ返る
何軒当たってもダメ、どこも1時間待ち!

由比ケ浜の海岸まで散歩をしましょう!
若宮大路をゆっくり歩き、おしゃべりを

海岸に近づくと、海の香りがしてきた
とんびが30羽ほど群れで低空飛行!

危ないねえ、高い所を輪を描いては
勢い良く下りて来る

それが頭の上に!食べ物を捜して
何羽も何羽も子供のそばへ

電線に止まり、様子を見ながら
驚き!大きい鳥ですねえ

カラスが1羽、割り込んできたら
とんび飛び去る!

あらら、カラスは苦手なの?
遠巻きにしている

結構、歩いてお腹が空いてきた
どこでもいいね!

海岸通りの腸詰やに入った
海を眺めながら、ビーフカレーを!

国産牛と書いてあり、ホッとする!
食事が済み外へ、海にはサーファー

さっきはさざ波で、誰もいなかった
波が少しだけ高くなったようです

由比ケ浜をあと、久しぶりの墓参り
気がかりでした、さあ、行こう!

霊園の桜は満開!きれいでした
付き合ってくれた友達とため息つく!

八幡様のあたりは、葉桜でしたねえ
その下を埋め尽くす人、人、人の波

雪ノ下の住宅地も、列をなして歩いてる
古都鎌倉は、海あり山あり歴史あり

素晴しき海辺の小京都、日帰りコース
最高ですが、住民にとっては・・・
絵本
イタリアの作家イエラ・マリさん
あかいふうせん!以前、買ったね

子供のために、何十年前だったか
シンプルな構成で、素敵な絵本

りんごとちょう!ページを開き
眺め、心うきうきする!
蝶の知恵に感心する本です

木のうた!この絵本も素晴しい!
四季で変わる木と、動物たちの生態
絵だけですが、充分理解できる

冬の枯れ木から始まり、新芽の頃
巣ごもり、葉が繁り、巣づくり

巣立ち、実をつける木、紅葉また
冬の訪れ、1年を16枚の絵に

グラフィックデザインと言うか
アートと言うか

言葉がないかわりイメージが湧き
豊かな愛で、自然や命を大切に描く

見ている人に力を与えてくれる
自由が丘のIDEEで、出会えた!