FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

16歳の活動家、国連前でデモ
スウェーデンの16歳の活動家が、国連前
で、気候変動対策を!と抗議デモ

ニューヨークでは学校も公認し、沢山の
生徒が参加したそうです

「海面は上昇している、私たちも立ち上が
ろう」などと訴えながら行進

最近の日本の気候も、地球の温暖化で変
です、このまま何もせず100年経ったら
地球は住めなくなるのでは?

温室効果ガスの排出量が、高い状態だと
約3度~5度、上昇すると言われている

100年前に比べて、海面水位は約20cm
上昇したそうですから

21世紀末には約50~100cm上昇するの
では?と言われています

100年前と今では生活がまるで違うから
これからの100年は、もっともっと変化
するはずです

海面が上昇すると高潮や波浪による最大
波高も上がります、災害の危険性が増し

海岸の浸食によって、土地や家を失う人
出てきます

北極海の氷が、夏季には完全に融けて
しまう可能性が高いと、言われている

温室効果ガスの大幅な削減を世界規模で
行わないと、動きが遅いように思います
世界規模で早く進めてほしいものです

綺麗な海も、一見、海にゴミも浮いて
いない見えます、でもその中に微細な
物質が大量に、漂っているのです

5㎜以下の「マイクロプラスチック」
目に見えないほど小さくなり、海に漂い
生態系への影響が、懸念され始めている

世界中から海に流れ出るプラスチックの
量は、推計最大1300万トンだとか

今年のG7でもマイクロプラスチックの
問題が、世界的課題だと指摘された

日本の環境省も、大規模調査を開始して
いるそうだけど、動きが遅い

小泉環境大臣、お子さんも生まれること
だし、将来の人たちのために綺麗な日本
地球になる運動をお願いします

ウミガメや、クジラやイルカに魚たちの
胃の中には、人間が捨てたプラスチック
ゴミがいっぱいです

苦しんで死ぬわけでしょう、海の生き物
に、影響が出てきます

世界規模で手を打たないと大変、テレビ
だってくだらない番組ばかりでがっかり

問題だらけの仲良し内閣人事、政治家さん
日本だけでなく、地球の事も真剣に考えて

爽やかな秋風と共に、爽やかな仕事をして
頂きたいものです
日本の美意識の1つ、侘(わび)寂(さび)
侘(わび)・寂(さび)は日本における
美意識の一つ、奢りを捨て欲気が
なく、質素で静寂

茶室は、京都で見学したことがある
どこだったか、忘れました

歳を重ねると、忘れっぽくなります
仕方がない、老化は止められない

椿の花が落ちた庭も見に行った記憶
それもどこだったか忘れてしまった
狭いところでしたが、素敵だった

茶室は、6尺の床の間は5尺、4尺と
小さくなり

4.5畳だったか、3畳だったか2畳?
そんなに、小さくなかったと思う

記憶していないのです、イメージは
覚えています、狭くて驚いたこと
だけ、覚えている

飾りっ気のない素朴な茶室で映える
のは、床の間に映える花や茶道具

楽茶碗は轆轤(ロクロ)を使わないで
両手で土を立ち上げ、「手捏(こ)ね」
で、形を、ヘラで「削り」を入れる

手捏ねによる自然な形、削りにより
無駄なものをそぎ落とす

利休の求めていた侘び茶に相応しい
大きさ、形、色、重さ、手ざわり
究極の茶碗が創造されたでしょう

陶芸をやっていた頃、手びねりで
黒楽茶碗も作りました、プロの茶碗
とは、比べ物にならないけど・・・

中国からの渡来品を、重視した権力
者・足利義政や織田信長は豪華で
大胆なものを好んだ

豊臣秀吉が、愛した華やかさは誰が
見ても驚いたでしょう

平三畳の随所に黄金が施された茶室
それを作らせた天下人・秀吉

黄金の茶室は、秀吉の悪趣味として
批判されることが多いが草庵の法に
従っての三畳の小間

これは解体して持ち運び出来るよう
造られていたという、すごいです

それなり洗練されている黄金の茶室
利休の茶の一面を示しているという

利休に依頼して作った、とも言われ
ていますね

利休の求めた侘び茶は、形式よりも
精神性を重んじたもの

利休は「目」で感じるのではなく「心」
で見る「侘び」の美しさを、伝えたか
ったのでしょう

秀吉に「侘び」が美しく見えないのは
心の充足が足りないと言いたかった
のかしら?

「侘び」を美しいと感じるには慢心や
執着ではなく、精進するべきと伝え
たかったのかもしれない

秀吉の逆鱗に触れ、堺に蟄居を命じ
られ、後に京都に呼び戻された利休

聚楽屋敷内で、切腹を命じられ死後
利休の首は一条戻橋で晒し首にされ
たという、享年・70歳

多くの武将が、利休を訪ねていると
いう噂が入ったり

秀吉に対し朝鮮出兵をやめるように
言ってきたことも面白くない、とか
色々あったのでしょうか?

人との付き合いは近すぎず遠すぎず
それが極意、近づきすぎたのかな?

やっぱり、権力者は怖い、消されて
しまう

江戸時代まで生きられたら、利休は
家康に大事にされたかもしれません
どうだろうか?

ヨーロッパでも昔の刑罰は見せしめ
ギロチンとか、どこの国でもあった
それにしても恐ろしい時代でしたね
一昨日の夜、英会話の先生に呼ばれて
1週間前に、電話が入り、英会話の稽古
風景を撮りたいとか、お呼びがかかった

いつも4人で、英語で歌を歌うのですが
それだけでなく、おしゃべりも楽しい
歌の稽古に、コーヒータイム!

心は若い高齢者ばかり、話は戦争の時
子供の頃、疎開した話とか

私は戦争が終わる1年前に生まれました
その話の時は、聞き役です

東京大空襲では疎開先から東京方面が
真っ赤に燃えているのが見えたとか

大変だった話が、色々聞けます、時代は
また、戦争に向かおうとする考えの人が
日本や世界的に、増えているように思う

とんでもないです、沢山の若い人が死に
生きたいのに、生きられない世の中に
戻ってはいけません

第二次世界大戦で戦ったアメリカと日本
アメリカ人の先生と、こうして楽しい
時間を過ごせて、最高です

アメリカ本土で育って、ハワイで働いて
いた時に日本の童謡と出会ったという

その先生を、テレビの人が取材したいと
申し込まれたとか

海は青いな大きいなの「海」それに、明日
浜辺をさまよえばの「浜辺の歌」

そして「ふるさと」に「七つの子」を日本語
と、英語で歌いました

先生が英語に訳したものです、子供の頃
思い出して、楽しく歌いました

童謡はテンポがゆったりして、いいもの
です、楽しかったです

毎週、集まって歌っていましたが、最近
先生もお忙しくなり、最近は3ヶ月おき
ぐらいになりました

10月28日、BSで映るそうです、カット
されて、ほとんど映らなかったりして・・
久しぶりの鮮やかな朝日
雨の日が多くはっきりしない天気が続き
台風15号の被害地は踏んだり蹴ったり

山間部の酷さは、想像に絶する、大きな
杉の木が倒れ、それを処理してくれる
人さえ来ない

大変な生活だと察します、今日の朝日は
明るくて最高です、5時04分ではまだ
まだですが・・・

IMG_0375.jpg

6時にもなると、明るい太陽が顔を出し
いやあ、嬉しいです、感激です

IMG_0386.jpg

空の模様を眺めているだけで幸せです

IMG_0367.jpg

電信柱を右にして、少し北にカメラを
振ると、雲の形がまた、素晴らしい
これは5時05分

IMG_0371.jpg

同じ時間に、もう少し北を見ると雲の
変化が楽しめますよ、いいですねえ

IMG_0368.jpg

足元を見ると、猫のリラちゃんが寝っころ
がって私を眺めていた

IMG_0364.jpg

はい、はい、さっ!下へ降りて、ご飯に
しようね

1日1本だけにして下さい、と動物病院の
先生に言われている「ちゅ〜るちゅ〜る」
キャットフードと一緒に、食べようね
紙袋に気づくとリラちゃんが・・・
猫のリラちゃん、ガサゴソガサゴソ
何だろうと思い音のする方を見ると
リラちゃん、袋に入っていた

買い物をして、中のもの出し、つい
忘れて紙袋をそのままにして置くと
中に入っているリラちゃん

IMG_0332.jpg

袋の中に入っている時は幸せそうで
世は満足じゃ、って感じですね

IMG_0329.jpg

ガサゴソ、ガサゴソ、袋に入ると
音がする、この音が好きなのかな?

IMG_0334.jpg

毛づくろいしている時も、幸せそう
見ている私も幸せですよ

IMG_9623.jpg

孫が、「リラちゃん、来てからバアバ
元気になった」と言うの、有難いです

ウンチにオシッコのお世話は、大変
だけどね

IMG_0323.jpg

S字の爪とぎに乗り、じっと見つめ
られて、照れちゃうけど、体の半分
お尻の部分が落ちそうよ、大丈夫?