FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

京都アニメーションの放火事件
7月18日、人気作で知られている「京都
アニメーション」伏見区の第1スタジオ
にて、放火火災が発生した

午前10時半頃、スタジオから「ドーン」
という爆発音がして、煙が立ち込めた
あっという間に燃え広がり黒煙が上がる

近隣住民からの110番を受け、消防車
など、約30台が出動した

京都府警によると「男がスタジオに入り
ガソリンのような液体をまいて、火を
つけた」ようです

現場には刃物のようなものも落ちていた
という、男は市内の病院に搬送された

所持していた免許証から、41歳で茨城
出身、逮捕歴のある人とみられている

京都アニメーションには、関係ない人の
ようです

朝10時半、普段通りに沢山の人が現場で
働いていたでしょうに

現場から東へ約100m離れた米店に全身
やけどを負った女性が、悲鳴を上げて
駆け込んだ

「知らない人から、灯油のような液体を
かけられた、助けて」と叫んでいたという

救急車で、運ばれて行った、想像もでき
ないほどの苦しみですよ

近くのスタンドに、40ℓのガソリンを
買いに来た男がいた

1階でオイルをまいて、ライターで火を
つけたという

容疑者の身柄は、確保されたそうですが
優秀な方々が、たくさん働いていたので
一瞬にして、33人の方が亡くなられた

現場近くの女性は「もうもうと煙が上がる
中、屋上から雨どいを使って下りてきた
男の人をみた」と、証言している

最悪の事件です、ビルで働いていた人々
一瞬のことで逃げる時間もなかったとか

苦しい状況でどんな思いだっただろう?
相当強い殺意を感じます

人がうまくいっているのを恨む人ばかり
日本は、どうなっているのだろう

最近、ひどい事件ばかり、子供を折檻死
させたり、親が子供を殺したり、子供が
親を殺したり

夫が妻を殺したり、妻が夫を殺したり
人が成功し高価な車を買っておいておく
と、傷をつける犯人もいる

高速道路でも幅寄せして嫌がらせをする
人を傷つけたり、人のものを盗んだり

そんな心の人が、多くなっている日本は
何がいけないのでしょう

人を傷つけ、気分がスッキリしますか?
何も関係ない人々が、苦しい思いをして
亡くなっていく

ほんの少し前まで希望のある幸せな日常
が、あったのに・・・・

やけどで苦しんでいる方々が、早く良く
なることを祈るばかりです

亡くなった方々、どうか安らかな眠りに
つかれますよう心よりお祈り申し上げます
アフリカ系の男性の遺伝子
織田信長に仕えた黒人兵の名はヤスケ
1582年の本能寺の変でも戦っています

ヤスケは、1579年に来日した巡察使
ヴァリニャー二の従僕(召使い)

1581年に信長がヴァリニャー二に謁見
(えっけん)した時に彼を譲り受けたよう
です

背も高く、182cmほどあったそうです
前田利家も推定182cmで細身のだった
と、言われている

子供の頃から目を引くような容姿だった
そうです

父・利春(利昌)が織田弾正忠家に仕えて
いたため利家も幼いときから織田信長に
仕えた

二人共、信長の目に止まったのですね
サスケと利家が並んだら、圧巻だった
と、思います

現在残る、最初の黒人の記録は1546年
(天文15年)薩摩の山川港に、入港した
ヨーロッパ船に乗っていたそうです

詳しい記録がないため、分かりません
その30年後にはヴァリニャー二の船に
乗ってやって来たのです

何日も、その噂で持ちきりで、大勢の
人が何キロも離れた村から見物に訪れ
大変な騒ぎだったそうです

現代になると、スポーツ界でハーフが
活躍しています

アフリカの出身のお父さんと日本人の
お母さんの大阪なおみさん

お父さんのレオナルドさんは、ハイチ
共和国出身のアメリカ人

ハイチ国内でも、おみさんは人気者で
活躍は大きく報じられているそうです

駅前留学で有名になった英会話講師を
されていて、なおみさんの母親と出会
ったとか

「母親が日本人で父親が外国人」の選手
スポーツや陸上の日本代表で活躍して
いますね

ケンブリッジ・飛鳥・アントニオ君は
専門、短距離走、ジャマイカ人の父と
日本人の母を持つ

サニブラウン君も短距離走、2016年に
リオデジャネイロオリンピックのリレー
銀メダリスト

お父さんはガーナ人、お母さんはハーフ
だそうです

バスケットの八村塁君は、ナイジェリア
人の父と日本人の母の間に生まれた

プロサッカー選手ののオナイウ阿道さん
結婚して女の子もいるとか

こんなに多いのですね、でも・・
まだまだ日本人の女性と結婚している
人が、いるかもしれません

最近は白人との混血も増え、身体能力の
優れている遺伝子をもらって活躍して
いる、素晴らしいことです

現在のフランス代表は、アフリカ出身の
人が多いとか、それを思えばまだまだ
今後も増えるでしょうね
リラちゃんの後ろ姿
猫のリラちゃんの外を眺めている後ろ姿
毎日、雨降り、何を考えているのだろう?

IMG_9118.jpg

カラスやインコが、飛んでいる時もある
動くものに敏感です

IMG_9115.jpg

猫の背と書いて猫背、これはまさに猫の
背中、猫背、それでも可愛いです

IMG_8931.jpg

爪とぎの上で背中を向けているけど、落ち
そうで心配です、体の3/1は椅子からはみ
出てますね

一寝入りしたら、また、寝姿が変わるけど
寝ている顔は癒されます、気持ち良さそう

IMG_9097.jpg

幸せそうな、こういう顔も、眺めていたい
癒されますもの

IMG_8854.jpg

飼い猫「まる」が癒しの養老猛司さん
彼は80歳、何を言っても遺言、写真を
撮れば遺影という歳になりました、と

猫の「まる」も15歳を過ぎているという
お互い立派な老猫、老人です

IMG_9031.jpg

「まる」の写真を見ると、リラちゃんと
同じスコティシュホールルド

リラちゃんはまだ2歳だから、可愛い
盛り、袋に入るのが大好きです

IMG_4472.jpg

「まる」は老猫だから、大物の風貌が
あるけれど、まだリラには・・・

IMG_9119.jpg

腹がすいたらメシを食い、気が向けば
一緒に散歩する、眠くなったら、寝て
しまえばいい

それでいいじゃないですか、何もせず
日がな縁側に寝転がっていたところで
誰も困りはしない

役立たず? それでけっこう、と言う
おっしゃる通りですが・・・

猫だって老人だって、人の心に癒しを
与えていますよ

いつも寝転んでいる「まる」の目を通し
人間社会を眺めて「生老病死」を痛快に
語る

今まで知らなかった作家の、意外な
顔や本質を垣間見ることができる、と
書いてあったけれど・・・

彼らしい言葉でしたよ、病院の診察の
様子は、私も何日か前に書きましたが

コンピュターの結果だけを見るように
なり、昔と違い、顔もあまり見ない

人は全てを記憶できず、見落とすこと
あるけど、コンピューターは全てを
記憶、と言うわけですね

悩みの多き現代人必読のエッセイかな?
「まる」から、癒しをもらっているのは
よく分かる

私も癒してもらってますから、飼い猫
リラちゃんに・・・

気楽に読めるこの本は、病院での診察
待ちにちょうどいいです

挿入されている飼い猫「まる」写真には
癒される人も多いはず

悪い写真ではないけど、ピンボケでね
はっきり写ってない、写真の出来は
う〜ん、どうかな?・・・

老猫と老人と重ね、モノクロの写真が
いい、と編集したんでしょうね

「まる」はおでぶの老犬「どすこい座りの
猫「まる」は、DVDも売り出されている
そうですよ
東京は雨ばかり
梅雨なので、雨ばかりは仕方がないけど
それにしても、少しは晴れ間も顔を出して
欲しいです

洗濯物が乾きません、関西は今日も太陽が
顔を出すようです、羨ましい!

からっぽの、何も植えていない鉢につゆ草
一つ、花をつけました

IMG_9035.jpg

重苦しい気持ちを、晴れやかにしてくれる
花に、微笑んでしまいますね

雑草だと思っていましたが、そうじゃない
そうです、ただ、この花も朝、咲いていた

夕方、青い花を見ようと思ったら、もう
しぼんで姿形がなかった、綺麗でしたけど

花があった形跡も全くなくなるので、商業
ペースに乗らないようです

クラリセージの花も、たった一つ、つけた
だけ、雨ばかりの空模様では花もつかない

IMG_9102.jpg

雨が多くなることで、出やすくなる問題点
それは、病気になりやすくなること、と
雑草の勢いが増すこと

日本で長年生きている雑草は、高温多湿な
環境に対して慣れているので成長しやすい
のです

この雨では、畑をしている人は大変ですね
キャベツも腐ってしまいます

8c6e5d598c7793c23c227c9e9255ecdb.jpg