FC2ブログ
もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

注文した西本真司先生の本が届いた
「難病を制覇した医師と患者103人の
記録」、これはいいと思い、注文した

著者の西本先生自身が潰瘍性大腸炎を
発症して苦しんだ経験をもとに・・・

先生と患者の記録、これは信頼できる
すぐに注文

昨日、元旦から固形物を食べていない
娘は、あまりに痛いので救急で病院へ
行くという

病院に出かける前に、注文していた本
届いたのでさっと私が目を通しました

これは、娘が読むべきだと思い本人に
渡す、病院で堂々とは読めませんね

どんな本か分からないようにカバーを
裏返しに変えて渡す

鍵は自律神経にセロトニン、ケトン体と
書いてあった、それと自分自身の治そう
とする本気度、これが決めてだそうです

漢方薬で直すとか、色々な本があります
医師自身が患者、というのは、苦しんで
いる患者が理解してもらえる

3度も胸を開き、心臓の手術をした私は
最初に手術をして頂いた聖路加の内科の
主治医から「子供は1人」と言われ守った

その尊敬する先生の言う通りに、した
からこそ、今まで生きてこられたのだと
思っています

子供には、一人は寂しかったでしょう
親の病気で心配をかけました

小さい頃から、買い物に行くと荷物を
持ってくれる優しい子です、今もです

潰瘍性大腸炎が発症したのは私のせい?
そう考えることもありました

何がいいか、悪いかなんて分からない
何よりも家族がみんな元気でいられる
これだけで十分幸せと、思います

苦しくなく、普通に呼吸ができたり
何を食べても血便も出ない、痛くない

当たり前のことができる幸せが一番
大事なことです

昨日、娘は緊急で見て頂いた、腸の
先生もいらっしゃらなくて、点滴を
して、帰ってきたようです

それだけでも痛みは変わらないけど
気持ちが安定したのではと思います

日曜日でしたので、娘のところに子供
2人残ったので、買い物がてら

お蕎麦食べに自由が丘に4人で出かけ
ました、未来のある孫たちが幸せに
暮らせることが一番、大切です
L-CAP(白血球除去療法)
娘が苦しんでいる潰瘍性大腸炎のこと
少し書きます

治療はたくさんあるのですがなかなか
痛みが取れず、血便も止まらず、何も
食べられない

娘もたくさん薬が出ていますが、それ
でも、効き目がないのです

私も心臓の持病があり「気にしないで
いい」、と言いますが、そうもいきま
せん、心配です

あまり苦しくなると、前にも何回か
L-CAP(白血球除去療法)を受けた

少し、元気になったのですが、また
後戻りです

血液を、いったん体外に取り出して
環流、特殊なフィルターに通す

炎症の原因である、血液中の白血球
(顆粒球、単球、リンパ球、血小板)の
成分を除去し、血液を体内に戻す

体外循環療法で炎症に関わる白血球を
除去し、炎症を抑える

これを何ヶ月前に、やったばかりで
また、症状が悪化するとは・・・

この病気の人は一人一人症状が違う
とか、重い人と軽い人がいるし薬の
効きも違うとか

寛解が続き、何でも食べている人も
いると聞きます、娘にもそうなって
ほしい

潰瘍性大腸炎の状態をブログに書いて
いる娘、症状を忘れないようにメモ
しているそうです

同じ病気で苦しんでいる人がコメント
入れてくれるとか

大事なことです、同じ病気の経験が
ないとその苦しさは分からないから

孫も「洗濯場を綺麗にしたよ」と言って
写真をケイタイに送ってくれた

協力してくれています、嬉しいです
私のできることは協力していますよ

でも、痛みや血便を止めることは
できません

今、電話が入り、あまりにもきつい
ので、これから救急で病院へ行くと
連絡があった

固形物を食べていないのは元旦から
ですから、もう20日です

旦那さんに連れて行ってもらうので
頭が下がります

患者は、腹痛で苦しんでいるし何も
食べられない、早く、誰にでも効く
薬が登場して欲しいものです
「ひく」という漢字はたくさんありますが・・・
「牽く」この字が出てきて、この字
なんて読むんだっけ?と思って
調べました

そうそう、ひくと言う字だった!
「牛を牽く」とか「荷車を牽く」

昔は牛に引かせたから、「牽く」の
漢字に牛が入っています

何故、この字になったかを考えれば
どう使うかは、理解できますが・・

わたくしが西洋から帰って来た頃には
梅花は既に世人の興を牽くべき力が
なかった 永井荷風「葛飾土産」

「牽く」この字を使っていたそうです
明治の頃には使われていたもかも・・

引く/弾く/曳く/挽く/退く/牽く/轢く
/碾く、たくさんありますね

たくさんありすぎ、使い方が分かり
にくい

矢を射放つ場合は「矢を引く、弓を
引く」です

物の端を持ち、手前に引き寄せる
たぐり寄せるは「引く」と言う漢字を
使う、「網を引く」とか

「挽く」と書く場合は、のこぎりや
鉋(かんな)で、削ったりする時です
「のこを挽く」

「豆を挽く」「豆を碾く」「豆を轢く」
一般的には「挽く」を使いますね

「コーヒー豆を挽く」この時はこの
漢字が使われます

弦楽器や、鍵盤楽器を鳴らすのは
「ピアノを弾く」と、書くし

思いを引きずる時は「引く」を使い
ますよね

車輪が人や動物を押しつけて通る
場合「自動車に轢かれる」と書くし

「ろくろを轢く」この場合は「轢く」
これは、分かる気がする

文字の偏(へん)は左側で、車です
旁(つくり)右側で楽しむと書く

コロコロ転がしながら、土を回す
焼き物作りは楽しいから?

一つの言葉で、色々な漢字が当て
はまるので、面白がってみるのも
いいかもしれません

漢字を整理して減らすのは文字に
意味があるので、難しいでしょう
娘の潰瘍性大腸炎が悪化
先生に診て頂いて「安心した」と言って
いたのに、症状は良くならない

今朝もお腹が痛くて動けない、と言う
何回もトイレに駆け込んだとか

痛みも止めてあげられないし、食事も
用意しても、食べられないのですから

食べたら痛い、と言う、何もしてあげ
られないのがつらい

潰瘍性大腸炎とは難病指定で大腸の
粘膜に潰瘍やびらんなど、慢性的な
炎症が起こる病気

クローン病とならび炎症性腸疾患の
代表的なものです

20代〜30代の若年者に発症する病気
発症年齢のピークは男性が20〜24歳

女性が25〜29歳と言われていますが
娘は30代で発症

それまでは、お腹の心配はなかったの
ですが、現代はこの病気に掛かる人も
増えていると言う

外敵から身を守る免疫機構が、正常に
機能しない自己免疫反応の異常

食生活の変化なども考えられていると
言う、原因は不明、それが悲しいです

「活動期」と「寛解期」がありそれを繰り
返すようです

12月中旬には食事も一緒に行けました
今は、1日10回以上、下痢や粘血便や
血便が出て、お腹が痛いそうです

可哀想で、見ていられません、何とか
早く楽になってほしいと、思います
猫のリラちゃんの寝姿NO.13
何度、リラちゃんの寝姿を写しても・・
変わらない一文字ポーズです

IMG_6352.jpg

それか、お腹出しか、ダンボールに
入っているか、丸まっている姿ばかり
いい写真は撮れず、残念です

IMG_6349.jpg

楽しいポーズが取れるかな?といつも
見ていますけれどね

IMG_6295.jpg

でも、「あっ、今だ!」というシャッター
チャンスはあるのですよ、ダメですがね

IMG_6388.jpg

高さは120cmはありますが、ピョンと
椅子から飛び登ります

IMG_6391.jpg

日が当たり、熱くなったのか1時間ほど
したら、下のハンモックに移動していた

さあ、これから昼過ぎ2時頃までリラの
お休みタイムです、ぐっすりとお休み!