もろもろももとせ
とつぜんはじめた日記のブログ
プロフィール

江戸絞(えどしぼり)

Author:江戸絞(えどしぼり)
それぞれいろいろ
もろもろももとせ(百年)

精一杯、生きて百年
それぞれがいろいろ
今、出来ることを!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

猫のリラ、たまにはこんな座り方
スコティッシュ・フォールドのリラちゃん
昨日は、エアコンのお掃除に男性が2人が
やって来ました

何せ、家族だけに心を許し、それ以外は
娘のところのプードルのミルクちゃんと
顔見知りだけ

知らない人だと怖がって怖がってビクビク
ビクビク、震えていました

目がモノを言っていた、恐怖の顔、自分の
いるところと、娘の家族以外に多くの人が
いるなんて思ってませんもの

リラちゃんは、外へ出ていないので、世の
中に、色々な人がいるなんて考えていません
だから、驚いて不安な顔でした

蒸し暑い中、汗をタラタラ、でも手際よく
2人で作業を続けてくれて、思ったより早く
終了

一部屋終わって、他の部屋に移動すると安心
できる自分のハウスに入り、落ち着いたリラ

恐怖の顔はお見せしたかったですが、猛烈な
暑さで、写すゆとりはありませんでした

猫らしい座り方のリラちゃん、前に撮って
あったので、それを載せましょう

IMG_36132.jpg

手の置き方が可愛いでしょう、普段は滅多に
この座り方はしません

IMG_3607.jpg

IMG_3654.jpg

耳が垂れているリラは、顔が大きく見える
事実、大きいですが・・・

IMG_3381.jpg

いつもこんな感じで寝転んで、リラックス
しているリラちゃんです
病気とうまく付き合う方法
何日か前、下腹が痛くて痛くて、こんなに
辛い思いは今まで経験したことがなかった

お腹だけは問題ないと思い、長い間生きて
きたけど、こんなに苦しいとは、驚いた
経験してみないと、分からないものです

娘が難病の潰瘍性大腸炎なのに腸に関して
さっぱり分からなかった

小腸の動きは、食事から摂った栄養素を
消化・吸収

食べた物は、食道と胃を経て3~4時間
ほどで小腸を通過、大腸に送られる、と
言うことは知っていましたが・・・

胃に食べ物が入ると、その刺激で大腸の
ぜん動運動が起こり便が直腸に運ばれる

脳か「便を出せ!」と、ゴーサインが出る
と、便意を催す、体はすごいですね

便秘の人は、直腸のセンサーが鈍くなり
その反応がうまく起こらなくなるらしい

暑くて食欲減退していたし、水もあまり
飲まない人間なので、気づかなかった

こう暑いと体のことを考えないと大変な
ことになりますね

あんな苦しいのは今まで経験したことが
ありません

のたうち回るとは、ああいうことかも?
便意はあるのに出てこないなんて、水分
不足していたのが、よく分かる

それ以来、水分を多く取るようにしてる
ので、あれっきりで、ホッとしています

生まれてはじめての経験、そういうとね
娘からお母さんはいつも「生まれて初めて」

それが、口癖だから忘れてるよ、なんて
言われちゃいました、痛かった!

孫の1人が便秘気味で困ってる、なかなか
出なくて大変そうです

生きることは食べて、動いて、消化して
外へ、これが基本です、体にとってはね

その動きがうまくいかない娘は、これが
度々、起きるようなのできついだろうな
そう思います

人はそれぞれ、何かしらの、病を持って
生きていますが、同じ病気じゃないと
理解するのは難しいです

病気は何でも苦しいですが、同病相憐む
(どうびょうあいあわれむ)と言います

同じ病気、同じ悩みや苦しみをもつ人は
互いにいたわりあい、同情しあう

外来で友達になり、連絡しあっていても
突然、連絡がつかなくなってしまうこと
あるのです、一人暮らしの人はね

心臓が悪いとうまく血液が流れないので
血が固まりやすい

血の塊が飛んで、脳に詰まれば、脳梗塞
足に詰まれば車椅子になる

歩き方もタッタッタ、と元気な人だった
のに、歩けなくなってしまった人もいる

だから、心臓の場合は診察のたびに血液
検査をし、血液の状態を調べる

呼吸器系の肺の病気や、消化器系の腸や
胃、肝臓の悪い人、糖尿病など、様々な
人がいらっしゃいます

それぞれに苦労があると思います、心に
問題を抱えている人もいる

友達のお嬢さんも心内科に通っていらっ
しゃる、処方される薬に頼ると、そこ
から抜け出せなくなる

お酒に溺れる人もいる、宗教にどっぷり
使ってしまう人もいる

何かに頼る、その気持ちは分かりますが
自分自身を強くしないと、何事も解決
しないですよね

特に持病のある人は、いつも無理しない
生活、これを大事に暮らしましょう
熱中症で日本の各地で亡くなっている
愛知県豊田市の市立小学校の教室で
小学1年の男子児童(6)が倒れた

午前10時過ぎから1年生約110人参加
30分ほど、虫取りや遊具などで遊んだ
後、11時半頃に学校に戻ったそうです

児童は公園に行く時も前を歩いていた
児童から遅れ、「疲れた」と訴えた

担任の教師が手を引いて歩いたという
しかし、帰りも「疲れた」と話し学校に
戻った後、意識を失った

病院に搬送されましたが、心肺停止で
死亡が確認された、午後1時前でした

熱中症と診断された、まさか亡くなる
とは思わなかったのでしょう、暑さが
半端じゃないからね

「疲れた」と言う人には、考えたほうが
良かったのです、後からなら言えます
けどね

東京、渋谷区の富谷小学校で、授業の
一環として校庭でサッカー

午後1時頃、4年生の35人参加、5人
熱中症の症状を訴えて病院に運ばれ
たそうです、症状は軽いという

担任の教諭はこまめに休憩をとらせ
水分の補給もしていたと言う

小学校「今後も厳しい暑さが続くので
休み時間も含め、屋外活動を控える
よう、呼びかける、と

熱中症は高温多湿で体内の水分や塩分
バランスを崩し、体の中に熱がたまり
起こる症状

目まいや失神、けいれん、嘔吐(おうと)
頭痛などがある

最近の約20年で、年平均492人に増加
20年前の7倍を超えるそうです

今年、熱中症で搬送された人は1万人も
いるそうです

目の日焼けも起き、失明の危機もある
と言う

黒い色のサングラスの方が、メラニンを
多く入れてしまうので、薄い色のほうが
目に良いようです

それにUVカットサングラスがいいらしい
毎日、この暑さではサングラスもかけた
方がいいですね

昨日は、多治見市で5年ぶりに40度を
オーバーし40.7度、日本で一番の暑さ

この暑さで気象庁が「平成30年7月豪雨」
と名付けた水害の片付けが、大変だと
思います

住民の方々、ボランテァの方々も沢山
水分を摂り塩分補給で梅干しを舐めてを
休憩をし、体に気をつけて進めて下さい

暑い日が続き、家にいても今日は頭痛も
するしクラクラ、どうぞお体を大切に!
リラの尻尾は横縞模
レッサーパンダも、シッポは横縞で
リラのシッポも横縞の模様

1a4d2b3b91a1ba22aa32ce1d6ace606e_t.jpeg

これはララちゃんシッポ、不思議です

IMG_3625.jpg

IMG_3646.jpg

アライグマのシッポも、横の縞模様です
手足の指は5本、器用にトウモロコシの
皮も上手にむく

fb557359.jpg

北アメリカ原産で日本やヨーロッパにも
外来種として生息している

日本では移入後の繁殖で農作物への被害
など生態系への影響も問題が多いのです

空き家を見つけて、天井に住んだりして
年に1回、春(4月〜6月)平均して3〜5頭
産むので、増えて増えて困っているとか

顔も似ているタヌキは元を正せばルーツ
同じでしょうか?

IMG_3636.jpg

エゾタヌキのシッポは、縞ではないです
残念ながらシッポの写真、載せるものが
ありません

タヌキは一般に狩りはせず地面に落ちて
いる木の実や昆虫、動物の死体など
食べる雑食性のようです

木登りは得意だが降りるのは下手だとか
夜行性なので、暗い所では見えるけれど
視力はよくないそうです

でもアライグマのようにキツイ性格では
なさそう、性格は良さそうです

タヌキとアライグマはよく似ているのに
なぜ、縦縞のシッポじゃないのかしら?

猫にだって、ほら!横の縞模様のシッポ
の子がいますよ

f7dbf9c65ae32637b637ec51aabdf3a5_m.jpg

生き物の変化も人間も一緒、どこからか
枝分かれしたのでしょう、面白いね
昨日、朝刊に素敵な記事が載っていました
15日朝日新聞朝刊の「窓」というコーナーの
「あさり ずっと一緒」という記事を読みました

秋田犬の保護犬を世話する家族のお話です
読み終わると、じ〜としました

知的障害がある女の子、友達を作るのが苦手
でした

友達に、一緒に帰ろう!と、声をかけようと
するけれど、どうしようかと、悩んで色々
考えていたら・・・

友達は、教室からいなくなっていたことが
多かった

ある日、愛護団体に保護された秋田犬がきた
審査の結果、彼女の家が引き取り先になった
のです

お姉さんと話し合い「あさり」と名付けたそう
です

初めての夜、ゲージに入れて、鍵をかけようと
すると、あさりはいつまでも鳴いた、彼女は
夜遅くまで撫で続けたという

1週間ほど経った頃、下校時間、学校の校門に
人だかり

駆け寄ると、輪の中心に秋田犬の「あさり」が
お母さんに連れられて、迎えに来ていた

IMG_3587.jpg

「あさりっていうの?」「お利口だね」「いくつ?」
「超、可愛い!」

友達と、話しながら帰った、別れ際、同級生
たちは「バイバイ、また明日ね」

あんなに友達ができにくかったのに「あさり」
のお陰で、今春、中学生になった◯◯さん

友達とも、すんなり仲良くなれたようですね
動物には輪を保てる力があります

素敵な記事、みんなに幸せになってほしいと
思います、とてもいいお話で素晴らしかった!

写真は、新聞から使わさせて頂きました
今、人気の秋田犬は、心が通じ合うのですね

これからの人生を「あさり」と家族共々、過ごし
楽しんでほしいと、思います、いいお話でした!